タビー の ぺージ






(2019.5.29)






(2019.3.28)






(2018.12.2)

この頃の合言葉。
”今日も元気に頑張ろう!”
起きてきて、おはようのあいさつに来たタビーを抱いてささやく。






(2018.8.20)



(2018.6.4)

タビーにはどれだけのお礼を言わなければならないだろう。

この毎日は、年老いてますます心細くなっている。
時折不安でいたたまれなくなることもある。
そんな夜に、起きだした私に寄り添って傍にいてくれる。
人の言葉は話さないけれど、
私に抱かれて、あるいはそばにゆったりとくつろいで、
一緒に生きているのだということ、そのうれしさを伝えてくれる。

タビーもずいぶん年取って、
寝ていることが多くあまり外を出歩かなくなった。
もっともっと元気で傍にいてほしい。
そうつよく願っている。




(2018.3.4)




(2018.1.7)







(2017.12.7)

暖かい日だまりで





(2017.11.9)







(2017.10.20)







(7.10)






(4.26)






(3.11)





(2.28)




(1.30)




(12.8)




(10.11)




夜トイレに起きると、
必ず足元にすり寄ってくる。
丸くなって抱いてくれとせがむ。
あごの下に抱きしめて、なでてやると、
ごろごろごろと、のどを鳴らして、よろこんでいる。
しばらくそんなふうに抱きしめていると、満足する。

足元燈しかない暗闇の中で、
私も猫のタビーも、ひとりの淋しさを感じているのがわかる。
生きるということは、こんなにも寂しいことか、
とそのとき思う。

しかし、淋しさは猫も同じ。
こんな小さな体でしっかりと受け止めている。
人間の私はもっとしっかりしなければと思う。





(2016.8.30)






(2016.8.7)






(2016.6.26)








(2016.6.16)








(2016.5.31)










(2016.4.28)

朝食時 置物のようにして 坐っていました








(2016.4.9)

風に当てている靴の間にちょこんと座っていました。
澄まし顔でじっとしています。







(2016.4.3)





このところ毎日やって来る猫

お向かいの飼い猫だろうか。きれいにしてもらっている若い雄猫です。 (2016.4.3)





茶猫 古くからいる雄の野良猫
(2016.4.4)





(2016.3.12)

こんな風にノートパソコンの上に乗っかって占領してしまいます。







(2016.3.1)











(2016.1.7)













(2016.1.2)

みなさん あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。









(2015.12.21)









(2015.12.18)







(2015.12.1)







(2015.11.12)

この日ごろ 私のそばにつきっきりのことが多い。
朝の おはよう の ニャ〜 からはじまり、
新聞を読むときはすぐそばに寝転び、
コンピューターをするときは、
膝の上か、すぐワキの椅子の上。
寝転がって本を読むときは 私の胸の上。
昼寝の時も同じ位置。
でも ときどきは、
ひとりで 横になっていることも。
歳とってきて どんどん甘えん坊になってきました。



(2015.11.12)





(2015.11.4)








(2015.10.5)

タビーは日向ぼっこが大好きだ。
夏の暑い盛りでも、日向で寝そべっていたりして、びっくりしたことがある。
今日も家の中の日向で丸くなっている。
最近は寒くなってきたので、夜になると膝の上がお気に入りの場所だ。
昼間でも、曇ったうすら寒い日には、膝に上ってくる。
昼寝するときには私の胸の上が、お気に入りの場所だ。
小さいとはいえ、タビーを載せての昼寝は少し苦しいところがあるのだが、
顔のすぐそばに寄せてきた寝顔を見ると、
これもしょうがないかと思ってしまう。

着た切りスズメの一張羅をまとって、しずかにそこにいる。
歩いていくときは、何か忘れ物をしてきたように、
少しぎくしゃくと、少し物足りなげに見える。
小さな体は抱き上げる私の両手にすっぽりと収まり、
柔らかな毛並みは、撫でているとたとえようもなく心地いい。

時々、淋しくなる時、
猫のタビーを見ると、
文句ひとつ言わず、りっぱだなぁ、
とおもう。
物言わず じっと生きている動物のえらさを感じる。
私もまた じっと生きていこうと思う。





(2015.8.23)

かわいくて 元気です





(2015.8.14)

お盆のタビーです





(2015.8.2)









(2015.6.29)









(2015.6.22)









(2015.6.16)









(2015.5.25)

庭で







(2015.5.2)

庭で





(2015.4.24)

椅子に スリスリ





(2015.4.3)







(2015.4.2)







(2015.3.5)









(2015.2.11)











(2015.1.31)











(2015.1.19)

こんな風に潜り込むのが得意です









(2015.1.18)

晴れた朝 陽だまりで
気持ちよくて・・・ 少しぼんやり







(2015.1.11)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくね。





(2014.12.31)

大晦日です。
皆さんよいお年を。
私も元気に新年を迎えます。






(2014.12.18)







(2014.11.26)







(2014.11.5)







(2014.10.25)







(2014.10.7)







ひなたぼっこ (2014.9.26)







座卓の下に潜り込んで (2014.9.10)









テレビでお勉強です。  (2014.8.24)









(2014.7.26)

暑い日の昼間  この通り・・・









(2014.7.24)









(2014.7.18)




(2014.7.11)
昨夜はしばらく外に出ていたようだったが、
今朝、庭への出入り口を見たら、雨に濡れたネズミの死骸が横たわっていた。
タビーがまたとってきてくれたようだ。

捕ってくるといつもほめてやる。
ネズミにはかわいそうだが、家のあちこちをかじられてはたまらない。
今朝は、タビーは、いかにも”仕事を一つしたぞ”という顔をしている。








(2014.7.5)









(2014.6.15)








(2014.6.12)










(2014.6.5)

またまたパソコン上にいます

かなりお気に入りの場所のようです






(2014.6.1)










(2014.5.30)

気持ちよく・・・








(2014.5.24)










(2014.5.7)










(2014.4.16)










(2014.4.7)










(2014.4.3)








庭で

(2014.3.28)




お日様が大好きな猫です。
秋冬春は、晴れた日はいつも陽だまりに来て寝そべっています。
寒い日には私もそばに行って昼寝します。
これから外も十分にあたたかくなると、
外に行って陽だまりで丸くなっているようです。







(2014.3.4)











(2014.3.3)

コンピューターの上がお気に入りです。

やれやれ 困ったもんだ。







(2014.2.19)



2014.2.3

節分。
我が家でも、豆まき。
孫が作った鬼の面をかぶって、”ワオー!”とおどしたら、
孫が、ワーっといって逃げ出した。
タビーも同時に、まっしぐら、逃げ出した!
隠れ場所にしている台所の奥に向かって、逃げ出した。
その逃げ足の、速いこと!速いこと!






(2014.1.24)

大寒だけど 陽だまりに来て









(2014.1.16)

ほら 写真を撮すよ!  って カメラを構えたら

興味津々 見上げています







(2014.1.16)

いたずらっぽい目で何を見ているのか









(2014.1.8)

少し眠たい顔で・・・こんにちは。

今年もいい年になると良いね。











(2013.12.22)

寒いので 寝床から こんにちは

まだ少し夢の世界・・・









(2013.12.18)

寒くなったので外に出てもすぐに帰ってきます。

愛想のいい猫というのか、話しかけるとタイミングよくにゃーと答えます。

意思の疎通というのか、

外へ出たり家へ入ったりしたいとか、

餌がなくなったとか、

トイレが汚いからきれいにしろとか、

朝一番で顔を合わせての挨拶とか、

にゃーと声をかけてくれます。

しかし、靜に人間のそばにいるのが一番好きなようです。









(2013.11.25)

上に毛布を掛けてもらったら

とっても気持ちよさそうに寝ています。













(2013.11.12)

今朝もねずみを一匹つかまえてきて、玄関の前に得意げに置いてありました。

タビーは働き者です。体は小さいのに一人前の猫科の狩人です。

狩りがうまく行って、おみやげを持ち帰ったことが嬉しいのか、

今朝はとてもはしゃいで、矢のように駆け回っていました。











(2013.10.30)

爆睡中。

うちに来る時につれてきたぬいぐるみのカピバラ君を抱えています。

猫は本当によく寝ます。

今生のいのちは十数年と短いのに、もったいないと思うのは人間の勝手な思いでしょうか・・・

猫のかってでしょぉ といわれそうです。







(2013.10.3)

秋です。最近は食も進み、たくさん食べています。

すっかり家族の一員、アイドルとして、どっしり構えています。

孫ともうまくなじんできて、学校へ行く時には玄関まで見送ったりしています。









(2013.8.23)

赤い首輪がぼろぼろになって、みすぼらしくなっていたので、
今日は、黒部のペットショップに出かけて、新しい赤い首輪を買ってきました。
さっそくつけてみましたが、どうでしょうか。
赤い色がよく似合うでしょ!







(2013.6.19)

私がコンピューターを触っていると、
何時もこんなふうにして、そばにいます。






(2013.5.12)





(2013.5.8)

お日様が大好きで、日向があるとそこに横になって日向ぼっこをするのですが、
非常にしばしばこのような格好に。



(2013年5月5日)
タビーは、人とのやりとりがうまい。
外へ出て行きたい様子を示すと”外へ行きたいのか?”と声をかける。
そうするとこちらの顔をじっと見つめて”ニャー”と鳴く。
朝も起きてきて”タビー おはよう!”と声をかけると、やはり”ニャー”と答える。
今日、夕日があまりに美しいので、孫と一緒に家の前に出て坂道の向こうに見える富山湾の先、
能登半島の山並に沈んでいくのを眺めていたら、家から出てきて”ニャー”と声をかけてくる。
”何をしているの?”と問いかけているようだ。
外に出かけていて家に帰ってくると、家の前に坐っていてこちらに”ニャー”と声をかけてくる。
いかにも”お帰り”といっているかのようだ。





(2013.4.23)

時間の経つのは早いもの。
タビーが来てからもうじき4年になります。
来た時は5歳とか聞いていたのだから、今年で9歳です。
猫としてはだいぶ高齢になるのでしょうか。
まだまだ元気なのですが、外に出ている時間が短くなりました。
来たばかりの時は1晩も2晩も帰ってこないで、心配させられたこともありましたが、
最近はよほど暖かい日でない限り、30分も外に出ていたと思ったら帰ってきて、
入れて〜!と鳴きます。

おしゃべりで感情の細やかな猫ですが、時間とともに一段といろんなことが解ってきたようで、
人間たちとのやりとりでは、立派な一人の家族として振る舞っています。
おはようとかおやすみの挨拶もきちんとします。
孫よりしっかりしています。

何時も人間のそばにいるのが好きで、私が昼寝をする時や、
横になってテレビを見ている時には、
すぐ横に来て、体のどこかをこちらにくっつけて横になって休んでいます。
猫玉というのか、それでリラックスするようです。

本を読んだり、コンピューターをやっていたりして椅子に座っていると、
開いている膝を目指してやってきます。
ちょこんと飛び乗ってきて、気持ちよくくつろぎます。
そうすると、こちらまで気持ちよくなってしまって、
いっしょに船を漕ぎ出すことになります。
猫を膝に抱えると、どうしてこんなに気持ちよくなるのだろうと、
何時も不思議に思います。
ほどよい体温と、タビーの場合は、類い希ななめらかな毛並みの肌触りとで、
たちどころに、天国に行ったように気持ちよくなってしまうのです。




(2013.4.11)

こんにちは

まだまだげんきですよ!








ゴミ袋にはいるのも好き(2013.3.22)








最近は上手に潜り込みます(2013.2.6)








自分で穴蔵を造って寝ています(2013.1.9)





猫の不思議
タビーの姿は七変化
ぼやけたタビー
普通のタビー
色気のタビー




これは おとぼけタビー




これは 普通のタビー
(2012.12.10)




これはすこし おすましタビー
色気のタビーです
(2012.12.6)







最近うちに来る茶猫(2012.12.3)









う〜 っと 背伸びをして

これから出番です



(2012.10.3)

小さいけれど 貫禄あるよ!





(2012.9.17)



(2012.9.16)
最近クシャンクシャンとやって鼻水をあたり一面に振りまくようになった。
そのたんびにあっちこっち振りまいた鼻水を拭き取るのに大騒ぎをする。
はじめは風邪かなんかかと思い、そのうち直るかと見ていたが、なかなか直ってくれない。
何かのアレルギーではないかとも思うのだが・・・、
どうすれば直るのだろうか?

病院で見てもらわなければと思っている。






(2012.8.8)  玄関で 看板娘をしています














(2012.7.28)










(2012.6.28)

わたしは四段重ねのクッションの上で昼寝します・・・








(2012.6.24)

銀紙の球で 遊びまくり 大はしゃぎ








(2012.6.24)

テレビでお勉強








(2012.5.17)

私のすぐそばの椅子に来ています

少しカメラを意識しています








(2012.4.21)

さて

タビーはどこでしょう?

あたたかい昼間はこんなところにいたりします





(2012.4.10)

玄関で

暖かい春の陽に 満足そうです






タビーのあしあと(2.26)

まい朝、近所の点検に出かけます。
雪の降る寒い朝にも出かけます。







(2012.2.16) バンザイ






(2012.2.2) 仲良したちに囲まれて 







(2012.1.6)

寒くなってきて、ほとんど家の中で過ごすようになった。
それでも、血が騒ぐのか時々出してくれとせがんで、
外に出て行くがすぐに帰ってくる。
特に寒い日などは、出て行くと行ったくせに、
ドアを開けてやると、身震いして尻込みして、
部屋の中にUターンしてしまう。
まったく ”このう!”である。



タビーはすっかりわが家の一員。
一人前のほとんど人 といっていい存在感がある。
言葉をしゃべれないだけで、気持ちのやりとりや、意志の通し方など、
人間と変わらない。
あいかわらず孫と張り合って家族の気持ちの取り合いをしているし、
寝てもいびきをかいたり寝言を言ったりしている。
好奇心も旺盛だし、いまだに”ねずみ狩り”では、名ハンターである。




”タビー”と呼ぶと、
”ニャー・・・”と答える。
”こっちへおいで”というと
”ニャー・・・”と答えて、やってくる。

何かやってもらいたいことがあると
”ニャー”と呼びかけてくる。
タビーは人間と会話をする猫です。

庭へ出たいことをいうのに、
庭へのドアとは反対側にある
玄関への出口のドアをがりがりとやる。
玄関へのドアーをがりがりとやるのが、
”外へ出たいよー”という言葉のようです。





(11.11)









ヘ うぃ〜・・・ 

  飼い主は

  酒が大好きで〜・・・

  え〜・・・

  わたしゃ 一升瓶の

  守り猫〜・・・











玄関前で何かをねらっています(10.12)









カメラにおどけて見せて ポーズ


2011.9.14
猫のタビーの首輪が切れてしまってから、だいぶ経っていたが、
数日前に新しいのを買ってきた。
前のと同じような赤い小さな首輪である。
前の鈴のようにいい音はしないが、それでも鈴がついている。
首輪なしの状態に慣れていたから、最初は少し戸惑っていたようだが、
何とか慣れたようである。
鈴も乾いた小さな音しかしないのだが、うまく使いこなすようになった。
ここにいるよという時に、かすかに首を振って鈴の音をさせる。






わたしのリックに入ったタビー

準備のために勤務先に行った日に、
いつも講師にいく時持って行くリックを置いていったのに、
入り込んでいたそうな。
私が帰ってくると、ここから迎えに出て来てくれたとか。
忠猫 タビー 





この頃の 昼寝中のタビー

何度も外へ出たり、中へ入ってきたり・・・
夜半まで続くが、私は10時頃寝てしまうことが多く、
その後は、宵っ張りの家内にせがんで外に出て行くらしい。
しかし私が寝入ってからしばらく、
12時過ぎにニャーニャーといって起こされてしまう。
私が寝ている枕元のすぐ外に、庭への出入り口があるので、
否応なしに鳴き声で起こされてしまうのだ。
結局最後は私が中に入れてやることになる。
これが最後で、以降は家にいて靜に寝ていてくれる。
日中はこの写真の通りである。




最近よくやってくる黒猫である。
前にタビーと、うなりあっていたので、追い払ったことがある。
今日も隣の敷地から、ゆうゆうとこちらを見ていた。


(8.5) 昨夜からまたずっと家を空けた。
今日も夕方からは心配でどうしたのかといらいらさせられたが、
夜9時近くになって帰ってきた。
しかし後ろの左足を引きずるようにしている。
どうしたものか心配である。

 * * * *


立山へ行って、1日家を空けたが、
その後の1日、留守の間の元を取るかのように、
しきりにニャーニャー鳴いて、家と外の出入りを繰り返す。
みんなの手を焼かすのを、面白がっているようだ。










新聞を読んでいると、いつもこんなふうに新聞の上に乗ってきます。
時にはすっかり横になってくれます。
脇に避けてもすぐにまた上に・・・。
こんなものに夢中になって・・・、それより私をかまって!
といっているのでしょうか。


(6.17)
夕方、近所にいる孫と同じくらいの年の女の子が4人ほど、やってきて、
タビーを撫でていいかと聞く。
”大丈夫だよ、おとなしいから やさしく撫でれば・・”
と答えたが、撫でる方もおそるおそる。
タビーは、逃げ腰。
逃げだそうとするのを、やおらつかまえて、撫でてもらったが、
”なんて柔らかいの!”
とびっくりしていた。
私の腕の中に抱かれて、4人の女の子からいっぺんに撫でられて、
かなりびくついていた様子だったが、
それでもおとなしく撫でられていた。
タビーの毛の柔らかさは、天下一品である。
抱いて撫でていると、こちらが気持ちよくなってしまう。




日に日にずいぶんと なついてきて、
最近は、え〜 猫って こんなんだったっけ、
という想いに捕らえられている。

なんか 犬みたい・・・

というのが最近のタビーの印象である。

外に出たい、家に入りたいという気まぐれは、
まあ相変わらずの猫の習性だが、
どうやら私を絶対のご主人様と見立てたらしく、
私が家にいる時には、
もう何時もそばについている。
そんなにそばに居なくってもいいんだよと、
こちらがいいたくなるくらい。
つきっきりにそばにいてくれる。
私が家を空ける時は外で待っているようで、
帰ってくるとさっと現れてみせる。
得意そうに一緒に玄関を入り、部屋に入っていく。
ひざの上で撫でられている時も、
鼻先を撫でようが、耳を撫でようが、腹や手足どこを撫でても、
力を抜いてこちらを信用しきった様子である。
何ともかわいいかぎりなのであるが、
何もかもを任せられているようで、責任重大とも感じてしまう。




今どこに居るんだろう
夢の中?
じっと見つめる時間の他は
何時も別の世界にいるようだ
ぼうっとそばにいて
うらやましいくらいに充足して




最近はずいぶん聞き分けが良くなった。
以前は一晩中外に出ていると云うこともあったが、
最近は、夜9時頃に帰ってくると、
自分の場所に寝かせてやると、そこで寝るようになった。
(まあ時々は夜中に外に出せとやかましいことも云うけれど
そんな時も出さないでおいている。)


(4.22)
椅子に座っていると、ひざにひょいっとのってくる。
タビーの毛は、本当に触り心地の良い和毛なので、つい撫でてしまう。
暖かい体温が伝わってきて、柔らかな撫で心地で・・・、
猫も私も気持ちよくストレスを解消してしまう。
つまり、一緒にうたた寝をすることになる。

寝ころんで本を読んでいる時もそうだ。
胸の上に乗ってきたり、すぐ横にくっついてきて、
一緒に寝ころんでいる。

家の中にいる時は、一緒にいることが多い。
くっついていなくてもすぐそばにいる。
私の毎日の生活のかけがえのないパートナーになっている。



(4.17) 枕をして優雅に昼寝です。

(4.15)
あさ、孫がネズミをくわえてくるタビーを発見。
目の前で美味しそうにむしゃむしゃ食べてしまったそうな・・・
私が見たのは、後ろ足の間に尻尾が伸びている残骸ばかり・・・

おかげでわが家をはじめご近所はネズミの心配要らず、ですが・・・


体は小さいけれど、獲物に向かったり、はしゃいだりするときは、
弾丸のように飛び駆ける。
目にもとまらぬはやさで、右へ、左へ、
あっけにとられて、見守るばかり・・・
元気な”ちびダンプ”。
もう何匹、ねずみやもぐらの貢ぎ物を持ってきたことか。
でも、人一倍の甘えん坊、
暇と見るや、撫でてくれと膝を欲しがる。




朝起きると雪が積もっていて寒い朝だったけれど、
3月の陽が射して、日だまりにいると気持ちがいい。
庭で、のんびりと日向ぼっこをしています。
(H23.3.18)






感情の細やかな猫だ。
甘えん坊なのかな。
何時も撫でてもらったり、体をくっつけていたり、スキンシップが大好きだ。
人間との言葉の受け答えもとても上手だ。

外出して家に帰って来たときには必ず玄関に出迎えてくれる。

朝の5時50分には、”もう起きる時間だよ” と 
きまって 部屋の前で にゃーにゃーと鳴く。







顔の見えないタビー 2題













外へ行きたいよう〜  
また また 夜遊びに行くのです・・・







袋の中から こんにちは !







(2011.2.11)
春が近くなったせいか、最近は夜になると外へ出ると行ってきかない。
昼は寝場所で爆睡なのに、暗くなると外に出ると言い出す。
まだ寒いから、外に出てもすぐに帰ってくるのだけれど、
それでも、帰って家にはいるとまたすぐに、外へ行くと言い出す。
夜はそんな繰り返しで、最後は人間にかんしゃくをおとされて終わりになるが、
人間が寝てからでも、未練がましくにゃーにゃーといっていることが多い。
もう少し暖かくなったら、出て行ったきり、夜遊びで帰ってこなくなるのだろうが・・・









このところ雪の日が続き、わが家の猫のタビーも、
外へ出られない日が続いている。
まったく出て行かないわけではなく、
時々出て行くが、寒いからすぐに帰ってくる。

たまに、出て行くと言ったくせに、
戸を開けてやるとあまりの寒さに尻込みして、
出て行くどころか後じさりをして、
部屋に戻ってしまうこともある。
ドアマンにされている私としては、
”このー!”
である。






すこし鼻がアップに・・・
気持ちよくなりすぎて〜・・





でも本当は もっと美人なんだ〜












おすまし









とっても遊び好きで・・・














お人形さんたちとも 仲良し


(2011.1)







2010.12



みんなと一緒に、メリークリスマス!







あいかわらず、孫と張り合っている。
孫が学校に行っている間は、
体をすりつけて私の横で休んだり、私の膝に乗ってきたり、
自分の椅子の上で爆睡したりで、天下だが、
孫が帰ってくると、しばらく孫のそばで一緒にいるが、
こちらが孫に話しかけたり、いろいろと関わり出すと、
とたんに、フン!というような顔をして、
寒いのに外へ出て行きたいと言い出す。
出て行ってもすぐに戻ってくるのだが、
ご機嫌を取ってやらないと、すぐにまた外へ行くと言い出す。
ドアマンとなる私は大変である。



 * * * * * * *

2009年
5.17
横を向いているけど、だいぶべっぴんさんに写っています。
今日は天候が悪くそれに合わせたように大変静かでした。
穏やかで頭よくておしとやかな姿がだんだん顕れてきたのかな。






5.16
ぬいぐるみに頭をもたせかけて寝ているのを、
撮そうとしてカメラを向けたら、不審の面持ちでじろり。

今日は落ち着いてきて、ゆったりとしていた。
外の散歩は、やはりだいぶ長かった。


5.15
わが家に来たばかりのきのうは、だいぶやかましかった。
にゃーにゃー何かと鳴く。
夜は決められた部屋で過ごすから、どうかなと思ったけれど、静かだった。
朝5時過ぎに起きてくると、待ちかまえていたように、
にゃーにゃーおしゃべりが始まった。
7時頃までつきあったが、これは外へ出たいのかと気がついた。
やおら玄関を開けてやると、いそいそと出て行った。
たちまち隣の敷地を横切り、裏手に広大にひろがる一面の草地に姿をくらました。
すぐに戻ってくるかと思ったが、延々と戻ってこない。
前の飼い主の所では、外が好きで長く外に出ていると聞いてきたので、
そういうこともあるかと、心配しながらも待ちの姿勢ですごしていた。
あれこれ家を空けたりしていたが、午後3時になって、
買い物から帰ってくると隣の敷地からにゃーと声がかかった。
おお、タビーか、と呼びかければ、またにゃーと答えて姿を現した。
実に8時間にわたるお散歩である。
家に入れて、缶詰を開けて食べさせれば、
さすがに腹が減っていたか、かなりの量を食べる。
その後は、さんざん撫でられて、静かに寝てしまった。
さすがに疲れたのだろう。
夜になって起き出してからも静かである。
外が好きな猫で、環境が変わった昨日は、
相当にストレスがたまっていたためにあんなににゃーにゃーと、
やかましかったのだろう。

明日からはどんな姿を見せてくれるのかな。



2009.5.14

ねこのタビーがやってきた。

きょうわが家には新しい家族が加わりました。
名前はタビー。
モノクロの虎斑の猫です。
すこし華奢な雌猫で、年齢は5才とすこし。
東京生まれの江戸っ子です。
名前は、写真の通り、足先が足袋(たび)をはいたように白いので、
この名前をもらったようです。
気性の穏やかな人間好きの猫のようです。
いろいろあって今日から、わが家の家族になりました。
早くわが家になれて、これからずっと末永く、
ここで元気に過ごして欲しいものです。
皆さんよろしくお願いいたします。
先の飼い主をはじめ、タビーにこれまで関わった人たちのためにも、
ホームページの1頁を費やして、近況や写真を載せていきたいと思います。
猫好きな人も、時々会いに来てください。




猫のいる生活は、1年ぶりです。
タビーは、死んだはなこに似ているので、
おもわず””ハナコ”と呼びかけて、
だめじゃないかと自分を戒めています。
仕草を見ているだけで、こころ慰められる。
猫の癒し効果というのは、やはり絶大です。



* タビーは、3月26日になくなった富山国際大学教授高成玲子さんの愛猫でした。
妻が富山八雲会に関係していることから、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の研究者の
高成教授と行き来があり、その関係から引き取ることになりました。
折しも引き取りにいった5月14日は、高成さんの49日にあたりました。