おしゃべり あれこれ





ムギヤトンボ




7月17日(水)
今日は久しぶりにお日様と青空を思う存分味わえた。
日照不足が続き野菜が高くなっているようだ。
涼しいのはいいけれど体や心が変調をきたすのでは都合が悪い。

朝日新聞には、日本は今階級社会になっていると載っていたが、
非正規労働者が4割を占めこの人たちは生きていくのが精いっぱいで、
結婚も将来設計も老後も考えられなくなっている。
働き盛りの人たちにこういう現実を与えていて、人口減少を嘆いてみても始まらない。
政治の貧困である。
政治家や官僚の、今だけ金だけ自分だけの風潮は、
日本の将来がとてつもなく暗いことを予言している。
どうしてこんなふうになってしまったのだろうね。
私も年老いてきたのに、ますます暗い世の中になっていくと考えると、
将来に対して、ますます不安や恐れが大きくなっていくのを感じる。

今度の選挙では、少しでも希望が持てるような結果にならないものか?


7月15日(月)
海の日。
ほんとうは、今日は青い空と暑すぎる気温と真っ白な雲が似つかわしい日なのだろうが・・・
肌寒くて厚い雲を通してモノクロの光しかない日になった。
風が少しあって庭の緑が結構揺れているが、しんと静かな日になった。
何もしないでぼんやりと過ごすのにはいい日になった。
今日はこころもからだも休めて過ごそう。


7月13日(土)
昨日、新川の人間は・・・と書いたが、
この地には反骨の気概を持った人が多かった。
そして、それこそがその人たちを一個の自立した人間としていた。
世間で権威と称されるものに対しては、まず自分の頭で疑ってみる。
自分の頭、気持ちで納得できなければ、どんな権威であろうとその前に額づかない。
明らかな不公正があれば頑として歯向かう。
そんな一徹さがあった。
この地方ではそんな人たちが尊敬を集めたし、
若者らは彼らの後ろ姿から生き方の基本を学んだ。

いま、物が豊かになって、
若者たちの姿態・容貌が別の人種のように美しくなった。
美男・美女ばかりである。
しかし、心や頭のなかはどうなのだろうか?
この地の一番いい精神の形は受け継がれているのだろうか?
選挙が繰り返されるたび、
どんどん浮ついた方へ、変化していっているように思えて仕方がない。


7月12日(金)
富山は豊かな県である。
それだけに”保守王国”とか言われて久しい。
しかし、かつては労働組合が活発に活動していた時代もあった。
わが父母の時代である。
自民党と社会党が仲良く議席を分け合っていたこともあった。

特にこの呉東地区(富山県の東半分の地域)は、
米騒動の発端となった地域である。
権力を恐れず、正しいことは正しいと主張し、行動する気概があった。
人間として、生活者として、誇りと自主・自立・自由を、
何よりも大切にした人たちが多かった。

しかし今は、長いものに巻かれろ式に権力におもねり、
顔色をうかがうことに汲々としている人が多い。
豊かな県だから衣食住に困らない。
権威にたてつくなんて、しんどい!
選挙も小選挙区制になり、過半に満たない勢力は切り捨てられる。
権力者の方をしっかり向いている方が、平穏無事、平和でけっこう!
まさに”保守王国”になってしまったのである。
まことにもって、情けない限り。

”新川の人間は、男も女ももっと自立したしゃんとした大人であったのに!・・・”
と嘆かれて仕方がない。


7月10日(水)
よく晴れたが暑くなった。
午前中は天神山を散策。
ツマグロヒョウモンチョウが終始近くを飛び回ってくれた。
ニイニイゼミを確認。いよいよ夏。

午後は地区のサロンに参加。
魚津警察署から来た署員から、特殊詐欺と交通安全について聞く。
近所の年寄り十人ほどが集まる。


7月9日(火)
昼過ぎ、講師の仕事を終わって帰ろうとすれば、
すさまじい雷鳴と激しい降雨。
雷光の真っ白の柱があちこちに走り、すさまじい音が続く。
しばし駐車場まで行きかねて、収まるのを待つ。
しばしののちまだ降りしきる中を走って駐車場まで。
かなり濡れてしまったが、何とか車までたどり着く。
学校周辺では激しかった降雨も、帰路、北上して家に近づくにつれ収まり、
魚津のわが家周辺は雨もほとんど降っていなかった。

明日からの休みをどう過ごそうか?
学生時代に帰ったように、
なんとなくうきうきした気分で考えている。


7月8日(月)
一日中梅雨空だった。
そんなに暑くはないが、どんよりと曇って気持ちが沈んでしまいそうになる。

午前中天神山に行く。
たくさんの蝶に出会った。
何時ものように、蝶の現れ方には、
なにか恣意的なものを感じてしかたがない。
何者かからの誘い掛け?・・・

明日は夏休み前の最後の勤務。
授業をして、成績を入力してこなければならないが、
試験後の授業になるので、さて授業の中身をどうしようかと頭を悩ます。

それが終われば、いよいよ夏休みに入る。


7月6日(土)
ツバメたちが巣立っていってから久しいが、時々はこのあたりをのぞきに来る。
家の前の電線に止まって、さかんにおしゃべりのさえずりを聞かせてくれることがある。
私はツバメのさえずりを聞くのが好きだ。
歌っているのかしゃべっているのか、延々と続く声を聴いていると、
音の気持ちよいシャワーを浴びているようで、時間を忘れる。

生まれ育ち巣立つまでほんの短い時間であったけれど、
家の車庫のことを覚えているものだろうか。
そこに時々出入りする人間のことを覚えているものだろうか。
車庫に行くと時々親し気にそばを飛んでくれるツバメがいるけれど、
彼らの記憶の中にとどまることができたらどんなにいいだろうと思う。
そうだったとしても、何かが変わるわけでもないのだけれど・・・。

やがて南の国へ旅立つけれど、来年帰ってきた時に、
この土地を、わが家を、生まれ故郷として愛着を感じて眺め、
飛翔してくれるなら、どんなにうれしいことだろう、と思う。


7月5日(金)
山本太郎の旗揚げした令和新選組のフェイスブック動画(街頭演説)を見た。
国会議員の中では一番の勉強家であり、
この国の直面している問題について実によく考えている。
国会議員の中で今一番信用できる男だろう。

息詰まるような閉塞感、どうしようもなさが、この国に蔓延している。
それは、余りに理不尽なことが大手を振ってのし歩いているからだ。
今だけ、金だけ、自分だけ・・・という刹那的で自己中の思考パターンが常態化している。
心ある人は誰もがこんなんでいいんだろうかと思いながら、
割り切れない無力感を噛みしめているのではないだろうか。
誰もがきちんと正しいことを正しいといわないのだ。

そんな思いをスカッと晴らしてくれるような演説動画だった。
歯に衣着せぬ言葉をズバズバ吐いていく。
何者も怖くはない、真実をそのまま見つめるものの強さを感じる。
長い時間の動画だったけれど、音量を上げてずっと見入ってしまった。

よ〜し、今度の選挙は令和新選組だ〜!


7月4日(木)
一学期最後の読み聞かせ。
1年生に
せなけいこ作・絵「となりのたぬき」(すずき出版 大型絵本)
を読む。
この人の絵本はオバケシリーズやウサギモノなどたくさんあって、
どれも味があっていい。
今日はウサギシリーズの一冊。
30人ほどに読み聞かせるにはやはり大型絵本がいいので、
市の図書館から借りてきた。

読み聞かせとは言うけれど、
本当は、読みながら自分も一緒に楽しんでいる。
というより私が一番楽しんでいる。
1、2年生6クラスを6人でやっているが、
毎週1クラスずつずらしていって、6週で一回りする。
メンバーは私以外の5人は女性であるが、
彼女たちとの絵本を挟んでのなんとない会話もけっこう楽しい。


7月2日(火)
蒸し暑い日。
九州では大雨が降っているようだ。
毎年のことだが、最近の雨の降り方は激しい。
地球全体の温暖化によるものと考えられる。
対処するには地球全体でできることをしなければならない。
トランプのような自国第一主義者がのさばっていては駄目なのだが・・・。

歴史的に最近の世界情勢を考えるに、
世界中に反知性主義の揺り返しが来ているようである。
難民問題を契機に旧態依然の国粋主義者たちが復活してきているし、
せっかく小国のせめぎあいから逃れて大きな政治区分を広げていこうとした
EU(ヨーロッパ連合)の動きも、イギリスの離脱などで、頓挫している。
小国家がせめぎあう世界から脱して、
人類普遍の住みよい世界を目指そうとする動きは、
大国のエゴと各国に台頭するナショナリズムによって後退してしまった。

温暖化の問題一つ取ってさえ、困難ばかりなのに、
世界の指導者が考えなければならない問題は山積している。
人口問題、食糧問題、プラスチックなど化学物質による環境汚染問題、
資源枯渇問題、核兵器の軍縮、核物質の廃棄・汚染問題、・・・。

これらの問題に対処するには、
冷静な理性回帰しかない。
強力な指導力と多国間の協調と行動が必要になるだろうに、
自国第一とばかりにてんでバラバラなことをしていれば、
事態をますます悪化するだけである。


6月30日(日)
雨が続いている。
昼の時間が一番長い季節だろうに、厚い雲が覆って日照時間はほとんどない。
梅雨寒の中にしんと静まって、緑ばかりがすくすくと伸びる。
自分の心と向き合うにはいい季節なのかもしれない。

このところ金子みすゞの詩と、小川洋子を読んでいる。
小川洋子は、この人のあまり文学らしくない(即ちイロケのない)世界が好きで、
小説も評論、随筆、対談も一通り読んできたが、いま再度読み直している。
このところ「ブラフマンの埋葬」「博士の愛した数式」を読み直した。
以前読んだけどずいぶん忘れてしまっている。
カワウソともムジナともつかない野生動物との出会いから死までを描いた
「ブラフマンの埋葬」は、わたしの大好きな作品である。

愛情だわセックスだわと普通の文学書のようにギトギトしない、
思春期前の少年や老人のような視点で描かれる世界が私には好ましく思われる。
いのちへのやさしさがいい。


6月27日(木)
昨日から車庫のツバメの巣に心を奪われている。
もうすぐにでも飛び立っておかしくない様子になっている。
飛んでいる姿を見たいと何度も巣をのぞきに行く。
しかし昨日はこちらのそんな期待もなんのその、
しっかりと、6羽が巣に座ったままだった。
今朝も起きてすぐ見に行っても、そのまま6羽いる。

しかし、今日は読み聞かせの日、行って帰ってくると5羽になっていた。
またしばらくして、買い物に出ようと見上げると4羽になっている・・・。
ついに、今日は空を飛ぶ日になるらしい。

こちらも気をもむツバメの巣立である。


6月25日(火)
家の小さい庭には、真ん中に沙羅双樹(夏椿)の木が植わっている。
植えてからもう40年ほどになるだろうか。
ここに住むようになってすぐに植えたものだ。
三十歳になるかならない頃、
勤め先の学校の職員室に売りに来た苗木売りのおばさんから買ったものである。

背丈ほどもない長さのヒョロヒョロした鞭のような苗であった。
さほど広くはない庭にはその後、羅漢樹やケヤキ、ハゼ、白樺、椿、など、
沢山の種類の木が登場したが、結局真ん中に残ったのは、この沙羅の木だった。
一本のすんなりしたものを植えたのだが、
今は20cm程の太さになった幹が3本になって根元から伸びている。
高さは10mほどもあるだろうか。

木肌は美しい色合いで滑らかである。
いま、花の盛りで、沢山のつぼみをつけて、毎日次々に咲いては、散っていく。
一日花である。
社会人として歩き始めた私のそばに、ずっとあり続けてくれた木である。
そう思うと感慨深い。

今日は夕方、モンキアゲハが蜜を吸いに訪れてくれた。


6月24日(月)
6羽のツバメの子たちはずいぶん大きくなってきた。
胸の赤い模様もしっかりしてきたし、
体を伸びだすと落ちてきそうである。
毎朝顔を見るのが楽しみである。
親たちも餌運びに必死である。
カメラを持って写そうとする私のすぐそばをホバリングしながら飛びすぎる。
家主であることはしっかりわかっているようである。
いつ飛び立つやら、楽しみである。
一生懸命子育てをするツバメの姿を見ていると、
その必死さ一途さに頭が下がるような気になる。
教えられれ見習うべきことがおおい。


6月23日(日)
沖縄慰霊の日。
74年前、
沖縄での組織的な戦闘が終わった日。
沖縄と本土の歴史を顧みるに、
沖縄に対する仕打ちはそのまま国内の恵まれない人たちに対する仕打ちそのものであった。
現在もなおその事実は変えられようともしないまま続いている。

日本の政府は独立国ではなく、アメリカの一部の階層の、
傀儡政権なのだということを、最近はつくづくと実感する。
現首相は政権のはじまりを、米議会での施政方針演説から始めた。
国内での演説はその後であった。
やることなすことアメリカに言われるまま、
日本国の重要な利権をことごとく売り渡している。
トランプ大統領を接待しての前回のありさまは、
目を覆わんばかりの太鼓持ちの体たらく。
どこに主権国家の矜持が感じられるのか。
アメリカに言われるままに貢ぎ続ける統治者を戴く我々はアメリカの植民地住民である。
この宰相を生み出したのが右翼の日本会議とは驚くばかりである。

日本の国粋主義とはアメリカ崇拝主義であったか。
もたもたヘイトを叫ぶ前に自分たちのやっている行動の本質を考えろ!
といいたい。

日本のアメリカ基地の7割が沖縄に集中しているという。
国内の空域もアメリカ軍に握られている。
アメリカのやりたい放題にされていて何が独立国家だ。
口先からはウソばっかりしか出てこない宰相に実にふさわしい国家といえる。


6月22日(土)
ツバメは子育てに忙しい。
夫婦2羽が必死で餌探し、絶え間なく子ツバメに餌を運んでいる。
子ツバメは6羽いる。
よく目立つくちばしを巣の外に突き出して、
親が餌を運んでくるといっせいに甲高い鳴き声を上げる。
一回にもらえるのは一羽のみ、6羽全員を成長させるために、
親はひたすら飛び回ってえさを運んでいる。
えらいものだ。
”早く大きくなって空を飛べよ!”
毎朝子供たちにそう声をかけている。
日ごとぐんぐん大きくなっていく様子は頼もしい。

ところが今日は、この子供たちを狙って青大将が到来。
昼過ぎだったが家の前は大騒ぎになった。
幸い近所の人が見つけて知らせてくれたおかげで、
追い払ったのだが、しばらくして出てみると、
また車庫のシャッターのスキマから上に登ろうとしている。
竹ぼうきなどで引きはがすようにして落としたら側溝に逃げ、
そこから庭に這い登って姿を消したが、
しばらくしたらまた車庫の中に侵入して狙おうとしていた。
今度は少し手荒に道路に引きずり出して、流れのある向かいの側溝に投げ入れた。
水の流れは平気である。
坂を下る水に乗ってすいすいと泳ぎながら遠ざかっていった。
ずいぶん向こうまで行くのを見ていたからもう戻ってこないだろう。

1m50ほどもあるきれいな長い青大将だった。
ヘビも生きていくには餌をとらなければならないのだろうが、
子育てを応援しているツバメに対しては、絶対に守ってやらねばならない。
少し手荒だったけれど堪忍してもらいたいものだ。

今日は夏至。
ヘビ騒動の夏至の日になった。


6月20日(木)
朝、読み聞かせ。2年生。
レオ・レオニ 作 谷川俊太郎 訳「フレデリック」(好学社 大型絵本)

午後から老人会の地区親睦レクレーション。
旧小学校体育館に50人ほど集まる。


6月18日(火)
今日は講師の日だが、朝から晩まで予定が入って忙しい。
幸いいい天気になるようである。
沢山の人に会えそうだが、いい日になればいい。


6月17日(月)
昨日から梅雨寒。
おもわずストーブ(今はもちろんつけていない)のそばに寄りたくなるような肌寒さ。
北風が強く吹いた。
しかしそんな中でも緑はぐんぐん伸びる。
昨日買い物に出かけた途中に見た稲田には、
しっかりと育ったイネの姿があった。
ほんの短い時間の間に実にはっきりとたくましく育っていく。
これでこそわれらが主食”ごはん”となってくれる植物である。

しかし家の周りの雑草には脅威を感じる。
ぴか一のなまけものの私には、雑草取りの意欲さえわいてこなくなるほどの勢いである。
いのちの勢いには、頭が下がるばかり。
一年ごと年取っていくと、このいのちの勢いにはひたすら脅威を感じるばかりである。


6月15日(土)
天候の荒れる日になるという予報だったが、日中は良い天気になった。
おかげで午後から天神山を散歩する。
頂上広場での蝶たちの歓迎ぶりはすごかった。
キアゲハにヒョウモンチョウ、クロアゲハにモンキアゲハ。
特にキアゲハとモンキアゲハは素晴らしい数の個体が次から次に現れて、
絡み合って飛んではしゃぎまわった。
天神山の神さまのおかげだろうか。
しあわせな時間を過ごした。

車庫のツバメの子供たちが顔を現してくれた。
4羽ほどいるらしい。
親たちは餌運びに一生懸命だ。


6月14日(金)
母の月命日。お坊様いらっしゃる。

晴れが続いている。
沙羅双樹の花とキアゲハとツバメ。
白い花がついっと落ちる。
ヒメジオンに風がよぎる。
誘うようにキアゲハが舞う。
青い空に白い雲が行く。
きっぱりとツバメがよぎる。
静かな満ち足りた時間。


6月12日(水)
朝まで雨が続いたが、
ようやく上がった。
久しぶりで青空を見るような気分。
しかし大気は不安定と天気予報は告げている。
急な雷雨もあるとか。
縦に長い雲がモクモクと、あっちにもこっちにもそびえている。

日本の上で、オホーツク海と中国大陸がケンカしている。
間に挟まれて、晴れ時々雷。


6月10日(月)
今日も雨。
薄寒い。

車庫のツバメの卵がかえったようだ。
雛は2羽ほどいるのだろうか。
カラス除けの網を張る。
車の出し入れには不便だが、
早朝や留守にしたときなど目の届かない時間帯があるので、
カラスが入ってこられないようにする必要がある。
巣立つまでは、家主の方も気を遣う。


6月9日(日)
一日雨が降ったり陽が射したり、忙しい天気になった。
雲が切れ青空がのぞき陽が射すときは、少し幸せな気分になるが、
暗くなってザーザーと雨降るときには、わびしい気分になる。
夕方は梅雨空で黒い雲が覆い暗い。

今日は地区の敬老会があり出席した。


6月8日(土)
午前中雨。
午後から日差しあるも、
終日梅雨寒。
何か羽織りたいほど。


6月7日(金)
雨が歌っている
六月の昼下がり
ヒメジオンがうたた寝をする

葛の葉に雨粒がとまり
雨音に合わせて
銀色に光ってダイブする

みどり みどり
息をひそめて みんな
雨を聞いている

軒のかげ
ツバメの親子は ひっそりと
南の国の物語り

雨の庭 見飽きて
わたしと猫は
頭をそろえて昼寝する


6月6日(木)
日ごろ、偶然とか必然とかといって、身の回りに生起する出来事を分けているが、
偶然でも、出会った人にとって強い意味合いを帯びるものであれば、必然となる。
単なる雨や陽光であっても、存在の根底にかかわる意味を持つものになることがある。

日常の時間の中に入ってきては、心を連れ去っていく蝶の訪れは、私にとっての必然か。
偶然の訪いではなく、何者かからの問いかけ、誘いではないのかと思われて仕方がない。
蝶は、はかなくまた意味深く見える飛翔の様子から、異界からの使者といわれる。
今日は、仏路の散策から帰ろうとする間際、
見上げていたアザミの花に黒揚羽が突然現れてとまった。
黒揚羽が花にとまる姿にはなかなか出会えない。
私は夢中になってシャッターを切ったが、
数分後、十分に写真を撮ったことを見届けたかのように、山の中に消えていった。

このような出来事は、私の住む世界のすこし向こう側にいる精霊たちが、
わたしに誘いかけ、語り掛けてくれた言葉のように思えて仕方がない。

 * * * *

読み聞かせ。
1年生に、
レオ・レオニ作「アレクサンダとゼンマイネズミ」(谷川俊太郎 訳 大型絵本)
を読む。


6月5日(水)



ことしも春陽の中で
おまえの芽吹きを夢見てた
大きな栗の木よ

根や土の奥でひっそりと
目に見えぬ春を備えていた
大きかった栗の木よ

白い峰が春陽にかすむ朝
電動鋸の音高らかに男たちに切り刻まれて
背丈ほどの幹残すだけになった

今通り過ぎるたび見る
棒杭の姿から 芽生え伸びる
若葉の塊

また大きくなれ 栗の木よ



6月2日(日)
花が終わって実をつける時期になった。
桑の実が真っ黒に熟し、
モミジイチゴがオレンジ色のイクラのような粒々の実の塊をつけている。

天神山の散歩では、モミジイチゴの実を口に含んで薄い甘さとブツブツした種の感触を味わっている。
この頃の散策はなかなか楽しい。
家の庭ではびっくりグミが赤くなって、食べてくれよとぶら下がっている。

 * * * *

最近は心ふたぐことが多い。
老人性の鬱傾向なのか。

この国では、年老いるほど不安が募っていく。
自助努力ばかりが強調されて、老いても目を光らせていなければ、
好きなようにもてあそばれる。
経済的にも精神的にも老人には過酷な国である。

一握りの階層の人たちが進める政治が、
格差社会の格差をますます大きなものにしている。
年寄りや障害を抱えた者には極めて住みづらい社会になっている。
アメリカの顔色をうかがい大量の武器を購入するのではなく、
もっと社会的弱者のための施策に、金を使ってほしいと思うのだが。

同輩の老人たちよ!
選挙で”ノー”を突き付けよう。


6月1日(土)
晴天。
朝はさわやかに涼しかったが、午後からは暑いくらいに。
麦は熟して刈り取り寸前の趣。
6月である。


5月31日(金)
天気は悪くなった。
雨。
意気あがらない。
五月が終わる。


5月30日(木)
読み聞かせの日。
1年生に宮西達也 作絵 の「にゃーご」を読む。
大型絵本を借りてきた。
優しすぎる猫と人懐こい怖さ知らずの三匹の子ネズミの話である。
町の小学校で一クラス三十数名。
反応もいろいろだが、緊迫した場面になるとやはりシーンとして、
一生懸命聞いている様子が伝わってくる。

午後は明日の授業の準備など。
きょうはさわやかな晴天になったが、
午後からは蜃気楼が出たという市役所からの放送があった。
暑いくらいになったようだ。


5月29日(水)
夜来の雨が上がって、朝からさわやかな涼しい日になった。
湿度が低く澄みきっていて遠くまでがよく見える。
天神山に散策に行く。
人の姿はなく、たくさんの蝶の歓迎をうける。
ジャノメチョウ、モンシロチョウ、ツマグロヒョウモンチョウ、
モンキアゲハ、クロアゲハ、カラスアゲハ、キアゲハ。
特にモンキアゲハは何頭も散歩のはじめから終わりまで寄り添ってくれた。
あちらこちらの開けた場所には決まってクマン蜂が見張役を務めている。
目立たない梢のかげにはひっそりとカラスが潜んでいて、山の静寂を守っている。
さわやかな空気、強い日差し、静かでいい散策になった。


5月28日(火)
午前中はまだ暑かったが、午後からは久しぶりに雨。
少し涼しくなってくれた。

私にも、年とった猫にも過ごしやすい日になった。
猫はもう十五歳ほどで、暑くなると心配になる。
寝ていることが多いのだが、起きてきてもぼうっとしていて、
如何にも年取ったなあという感じを受ける。
しようがないけれど何か哀しい。

車庫のツバメは巣作りをしているのではなく、
ただ時々来ているだけらしい。
車庫に行くと飛び出して出ていくのだが、
卵を抱いたりしている様子は見られない。
残念だが来てくれているだけでもありがたいことか。
車庫に行くとすぐそばを触れるくらいの所をゆっくりと飛んでくれる。
如何にも親し気に何か言いたそうに見える。

この頃は、人間よりも、
蝶や燕、猫、虫、花や草のことが興味の中心になっている。
人間のほうはといえば、苦手になっている。


5月27日(月)
暑い日が続く。

気持ちはどうしようもなく落ち込んでいたが、
天神山に散歩に行く。
今日は月曜日で郷土館などはお休みだ。
麓の花の森は芍薬が真っ盛りになっていたが、
月曜だからかグランドにも花園にも誰も来ていない。
仏路を行くにつれ次第に気持ちは静まっていく。
蝶たちもたくさんそばに来てくれる。
天照皇大神宮と頂上神社にお参りを済ますころには、
すっかり静かな気持ちに戻っていた。
帰りの小道ではカラスアゲハが陽ざしの中ですばらしい青色に輝くのを見た。
蝶たちは健在である。


5月26日(日)
一人の沈黙の時間は、心地よい充溢の時間になることもあるが、
ときおりいたたまれない自虐の自信喪失の時間ともなる。
今はいまなのだが、過去の出来事を引きずり、過去の時間が入り込み、
あるいは未来の恐れや不安が到来し、ハリで刺すような痛みをもたらす。

このところ不安な時間が続いている。
閉じこもっているのがよくないのかもしれない。
外に出て海でも見てこようか。
カラオケで歌でも歌って来ようか。
星や宇宙の大きな世界を考えようか。


5月25日(土)
午前中空き家になっている親家へ行って仏壇にお参りする。
そのあと天神山へ。

家へ戻って昼食後、午後は海岸に行って蜃気楼を見る。

夕方はテレビで相撲観戦。
富山市出身の朝乃山の優勝を見届ける。
103年ぶりの富山出身力士の優勝とか。
均整の取れたお相撲さんらしい体形の力士である。
うれしい限りである。


5月23日(木)
朝、庭にホオジロが来て餌を探していた。
けっこう大きくて堂々としている。
草の実でもついばんでいるものか。
家の中から写す。

お昼近く天神山を散歩してくる。
今日はたくさんの蝶に出会った。
写真のモンキアゲハは、つつじの花にしばし止まってくれて、
写すことができた。
モンキアゲハはたくさんの数を見た。
そのほか、ヒョウモンチョウ、キアゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハ、
ジャノメチョウ、べ二シジミ、などなど。
いよいよ蝶たちも本格的に現われ始めた。
うれしい限りだ。


5月22日(水)
さわやかな気候。
萌えだす自然の中に飛び出せば、
ささやかな命たちの営みがあらゆるところにあふれている。

誰にも気づかれずに散っていく花たち、
黙々と営みを続ける蜂や小動物たち、
空を飛ぶもの、土の中で生きるもの。
地上にあふれる命について考えさせられる。

そして、
人間としての自分の命の意味について、
考え込んでしまう。

無数に展開するいのちの兄弟たち。
彼らにまぎれて、わたしはただ存在するだけでいいのかと。
しつこいほどに問返してみても、
野仏は、優雅にほほえみかえすだけ。


5月20日(月)
昨日は地域の仲間たちと糸魚川辺にバス旅行をしてきた。
午前中は、月不見池(つきみずのいけ)に、フォッサマグナミュージアム。
昼食はそばを食べて、親知らず経由で帰ってきて、
入善町のダックスファームでコーヒーをいただいておしまいになった。

月不見池の、日当りのいいところでは、ウスバシロチョウがさかんに飛んでいた。
この時期に発生する蝶で、
なんとも不器用なバタバタした飛び方をする大型の蝶であるが、
数が多くあっちからもこっちからも現われて飛び回っていた。
不器用な飛び方をする割にはなかなか止まってくれず、
飛んでいる姿しか写すことができなかった。


5月19日(日)
天神山麓の花の森花園はもう牡丹は終わっていまは芍薬が花盛りである。
NHKのニュースでも取り上げられたからか、
このところけっこうな人でにぎわっている。
老人福祉関係の人たちが多く、
車椅子を若い職員が押したり、手を引いたりという姿が目に付く。
しかし、なかなか山を登る人は少なく、
昨日も数組を目にしただけだ。
もっとたくさんの人に仏路(ほとけみち)の良さを解ってもらえればうれしいのだが。


5月18日(土)
外へ出るとかすかにいい匂いがする。
朴の花のかおりだ。
若いころ、この花を取ってきて家の中に飾ったことがあった。
しかしすぐに外に出してしまわなければならなかった。
香りが強すぎて狭い家の中では人間の具合がおかしくなってくるのだ。
広い野山で虫たちを呼び寄せるには、
いかに強い香りを放たねばならないかを知らされた。

野山にはあちこちに朴の木がある。
大きな葉っぱとすらりとした枝ぶりは見ていても気持ちがいい。
高山では朴葉味噌の食事をしたことがある。
どのように加工するものか、茶色の大きな朴葉の上で、
とても香ばしい味がしたことを覚えている。

 * * * *

家の車庫に巣をつくっていたツバメが帰ってきて、
土やわらを運び出した。
近所ではたくさん帰ってきて巣作りをしていたが、
うちは前にヘビにやられてから寄り付かなくなったのかなと思っていたのだが、
どうやら少し遅れて帰ってきたようだ。
車庫に行くと中から飛び出してきて周りを親し気に飛び回る。
近くでゆっくりホバリングするのは苦手らしく、
微笑ましい飛び方を披露してくれるが、なんともかわいいものだ。
卵を抱え始めたら、またカラス除けの対策を考えなければならない。
しかし、ヘビを防ぐにはどうしたものか・・・。

朝起きだしてから、玄関に出て、
頭上の電線に止まって果てしなくおしゃべりをするツバメを見るのが好きだ。


5月15日(水)
市の老人会の除草活動に参加。
幸い天候はさわやかな晴天に。
8時半から10時過ぎまでみっちり。
家でも除草などしないのに、奉仕活動でやるとは・・・。
終わりごろにはすっかり腰が痛くなって、老人性歩行形に。
すなわち自然に腰が曲がって真っすぐ背筋を伸ばせない。
帰ってからしばらく横になって休んでいた。
この3年ほど続けて参加しているが、
毎年見る顔は、確実に老化が進んでいる。
やれやれ・・・。


5月14日(火)
午前中は農業高校で講師。
帰り際に激しい降雨と雷鳴。
午後より、ずっと雨。
気温は少し低い。
明日からは晴れるという。
この涼しさで好天ならば良し。

米中は風雲急。
トランプは世界中をひっかきまわしている。
国内といい、海外といい、
これからは、ひどい時代に入っていくのかもしれない。


5月12日(日)
石になった仏が見つめるものは
すぐ隣にある向こうの世界
咲き誇った牡丹が崩れていく
時間の向こう側を生きている

微笑みになってしまった
世界の謎

何も心配しないでいいという


5月11日(土)
スイッチの入っていないカメラの液晶の画面を見ている。
表面をいくつかの薄い層が重なり覆っているらしい。
各薄膜の表面で反射した窓の風景が少しずれて映っている。
2層あるらしく、一つの面で反射したものは赤みがかっているし、
別の層で反射したものは青みがかっている。
直接見る風景とは違っていて、思わず見入ってしまった。

赤く見える世界も、青くなった世界もそれぞれに美しい。
直接目で見える世界は、そう思い込んでいるから一つに見えるだけで、
本当はこのようにいくつかの世界が重なって存在しているのかもしれない。
赤い世界に住んでいる私が、青い世界の知らない私を見ているが、
時々青い世界からはみ出してくるものに、気づくこともある・・・。
そんなかんじの出来事が、実際に起こっているような気もするのだが・・・。

もし、そうであれば、そのほうがどれだけ楽しいかしれない。


5月9日(木)
シャガの花群のなかを行く

しずかだ
さびしい

どこかでおなじ思いを
した気がする

とおいむかしだ
何もかもを失って

とりかえしのつかない
さびしさで

例えようもなく
ひとりっきりで

野辺おくりの夜
なぜか体をはなれ

そんなとおいむかしだ



5月8日(水)
長い連休が過ぎて、普通の日々が始まった。
天気は連日良い。
田植えも半分ほど終わったのだろうか。
ほとんどが空となった水面に可愛い稲の苗が風にそよいでいる。
そよ風よりも素早く飛びすぎるツバメの姿が気持ちいい。
麦は根元から黄ばんできた。
季節はもう春というよりは、初夏である。

山の雪形がくっきりとしてきた。


5月4日(土)
良い天気になり、孫を連れて富山に出る。
駅北の環水公園を夫婦と孫の3人で散策。
西町に出て昼食後書店など見て回る。
穏やかな家庭奉仕の一日。
長い休みもあと2日になった。


5月3日(金)
憲法記念日。
平和憲法のどこにも障りがないのに、
この国の指導者は躍起になって改定をしようとする。
なんだかんだ言われながらも、
70年になる戦後の平和を作ってきたのはこの憲法のおかげである。
これを戦前の亡霊のような一族が壊そうと画策する。

国民主権、人権の尊重、平和主義。
そのうえでの自由と平等。
人類の血なまぐさい歴史を通じてようやくたどり着いた理想の法である。
この憲法の何が尊いのか。
それは、人間を性善説の立場から肯定的にとらえる視点である。
人間存在に対する確固とした信頼が存在する。
過去の法典はともすれば性悪説の立場に立って見せしめ的な厳罰を課そうとするが、
日本国憲法は理不尽な暴虐を一切排除する。
”疑わしきは罰せず”という理念の中に、
冤罪の可能性(無実の疑いによる拘束)を絶対に排除するという強い意志が感じられる。
これは、人間の本質を善と見立て、それを守ろうとすることである。
前文にある”諸国民の公正と信義に信頼して”という言葉にも、
人間の本質を良きものとみなす姿勢が感じられる。

思想信条の自由が保障されていて、どのような世界観を持とうと、
どのような世界を良しとしようと自由だが、
家父長制の戦前の世界に帰りたいという運動をしている人たちがいる。
組織だった全体の中に個人の尊厳を消し去りたいという欲求なのか?
かなりの権益や実利があるのか金になるのか・・・
その人たちは、押し付け憲法だから変えなければならないという。
しかしその人たちが提示するのは、個人のことよりも国全体を第一に考えよという。

いまでも学校の教室では全体の空気を読んで行動しろという無言の圧力が支配している。
地域や企業でもそうではないのか。
全体の空気を読んでそれに同調せよという。
息苦しい!
こんな空気が結局、権力を持った者のやりたい放題を助ける。
全体の空気とはどうしても権力者に都合の良いものになる。
それに対する忖度が全体主義的な空気を助長する。
この空気のなかで、憲法の保障する人権や平等、自由は、
空気のようにあって当たり前のもので、
ことさらにありがたいものとは認識されなくなってきている。

しかし今日のような日には、せめて憲法の意味についてじっくりと考えてみたいものである。
とくに歴史の修正主義を標榜してやまない権力を握っているものたちが、
改憲に向けて牙をむきはじめようとしているこれからは、護憲の正念場である。


5月2日(木)
今日は良い天気になった。
林檎の花が真っ盛りである。
山肌には雪絵が現われ、晴れれば別世界のようになる。
一年で一番いい季節だろう。

もう田植の済んでいるところがあった。


5月1日(水)
元号が変わった。
時は否応なく進んでいく。
その時々をどう呼ぼうが変わりはないのだけれど、
確かに変わっていって、
決して後戻りすることはないのだということを、
しっかりと示しながら。

一回限りのいまを、噛みしめているか?
このいまを、しっかりと、生きているか?


4月29日(月)
生きているというのは、無数の束縛の渓谷の細道を行くようなものだ。
ちょっと足を外せば、奈落の谷底へと落ちてしまう。
落命そのもののこともあるし、社会的な信用の失墜ということもある。
あるいは数々のトラブルということにもなる。
仕事、社会的な責任、人間関係、そして何よりも自分自身(自分こそ、諸患いの根源!)
そこから毎日やってくる無数のわずらい達。
どれにも細心の注意を払わなければ、谷底に落ちる危険に遭遇することになる。
人生には、安らげる平坦な場所などどこにもないのであろうか・・・。
そんなことを考えながら、天神山の石ほとけの道を歩む。

心が安らぐ”平坦な場所”とはどんな所なのだろう?
そんなことを考えると、いつも思い出す。
幼い子供の頃のこと。
祖母や母に連れられて行った銭湯でのこと。
きれいに洗ってもらって着替えてから、
脱衣場の片隅の椅子に乗せられて、うつらうつらしていた時間のこと。
暖かく穏やかでただただ充足していた。
絶対的に守られているという安心感、
湯後の暖かさが体中をめぐり、生きて在るということの充足感、
このまま何もせずにここに浮遊していていいのだという満足感。
心安らぐ永遠の平穏な場所というものを思うとき、
幼年時代の銭湯の脱衣場の自分へと、帰っていくのだ。

夜トイレに起きると、よく猫のタビーが不安げに足元に寄ってくる。
わたしは猫を抱き上げて胸に抱きしめる。
暗闇の中で私もいくばくかの不安を感じている。
抱きしめて猫の小さなぬくもりを感じると少しほっとする。
おそらく猫のタビーもそうなのだろう。
のどを満足げに鳴らす。
抱きしめて一緒にいれば、あたたかい。
互いの存在の暖かさと確かさをともに感じ合える。
この時間は幼時の銭湯での充足の時間のようだ。

しばらくそうして抱きしめてから寝床に帰してやる。
撫でながら毛布に包んで、一人ぼっちのさみしさに怯えなくていいのだと、
猫にも自分にも言い聞かせる。


4月28日(日)
タテハチョウは、枯れ葉にそっくりだ。
陽ざしのある日に枯れ葉の散り敷く道を歩くとき、
透過光に赤茶色に輝く落ち葉を目にして、
タテハチョウではと見間違えることがある。
飛んでいる時はイナズマのような素早さでターンを繰り返したりして、
よく目立つが、地面に止まると途端に枯れ葉にまぎれて見失ってしまう。
しかし、止まってしまうとじっと動かないから、
驚かさないようにそうっと近づけば、かなりの距離まで近づくことができる。
すぐそばで見る顔は、まっすぐにこちらを見つめているようで、かわいい。
このところ頂上広場に行くと、たくさんの個体を見るようになった。
何頭も絡み付くようにしてはしゃぎまわっている。
冬の間はどこでどう過ごしているものか。
太子堂のひっこんだ軒下などで集団で過ごすものだろうか。
虫の少ない春のはじめに現われて、心引き立ててくれる蝶である。


4月25日(木)
とっくの昔に逝った人が言っていた。
”雑事ばかりにかまけて、ちっとも自分の時間を生きられなかったね。”
地域の集まりだ、集会だ・・・が重なると、ついそんな愚痴が頭に浮かぶ。

年度の切り替わりの時期、昨夜はそんな集まりがあった。
私が主催することになっている集まりも一つあり、
これからそれを企画運営していかなければならない。
連休明けから動き出さなければならないが、
それを考えると連休も少しもうれしくは感じられない。

曇り時々雨・・・。


4月23日(火)
いい天気になったが大忙しの日にもなった。
午前中は農業高校で往復時間2時間半、講師2時間。
戻って食事のあと、花の森、天神山へ。
散策、石ほとけにお参りして、蝶たちの歓迎にしばし忘我の時を過ごした後、
海岸へ。

蜃気楼を撮る。
沢山の人が来ていた。

そのあとスーパーで買い物をして家へ戻る。

明日からは天気が崩れると聞いていたので、
晴天の今日中にやれることをやってやろうと、
少し欲張りすぎたか・・・。
もうくたくたである。

しかしいい一日だった。


4月22日(月)
天神山の頂上へ至る細い上り道のわき、
頂上近く太い車道に着く手前に、熊野三所権現の石仏さまがいらっしゃる。
左から 熊野本宮大社の家都御子神(けつみこのかみ)
    熊野那智大社の熊野牟須美神(くまのむすみのかみ)
    熊野速玉大社の熊野速玉男神(くまのはやたまおのかみ)
で、神仏習合、本地垂迹でそれぞれ
    阿弥陀如来
    千手観音
    薬師如来
となっている。
石仏の姿からも、そのことがうかがわれる。

山のあちこちには(特に仏みちといってよい小道には)
実に沢山の仏がいらっしゃる。 
そのそれぞれについていろいろ調べていけば楽しいだろう。
(私に識別できるのは、地蔵、不動、千手観音ぐらいなのだが・・・)    


4月21日(日)
今日は富山で、映画を見てきた。
孫が毎年見ているアニメである。
朝早く出かけて一番の上映を見て、それから昼食をして帰ってくる。
今日は一日中曇り。
暗くて、頭が痛くなるような天気だった。


4月19日(金)
昨日は今年一番の暖かい日になった。
25度近くまで気温が上がったようだ。
麦の穂が一斉に立って背が高くなり始めた。
一日見ないと季節に置いていかれる気分になる。


4月17日(水)
暖かい日になった。
午前中に天神山を散歩する。
水仙は峠を越えて、コブシや桜は散り始め。
花モモは真っ盛り。
シャクナゲが咲き始めている。
ぽちぽちシャガも咲き始めた。
花、はな、花が重なり見える絢爛たる春景色である。
平日にもかかわらずたくさんの人が訪れていた。

午後からは、交通安全アドバイザーの研修会で天神山学びの森へ行く。
脇道でキアゲハがすぐそばに来てくれた。
朝も午後も、たくさんの蝶たちの歓迎を受けた。
山の精霊たちの訪ないはうれしい。


4月16日(火)
快晴の一日。
空気も澄み渡ってすばらしい日になった。
午前中は講師の日で、昼頃帰ってきたが、
途中見上げる山の姿は、ただただため息をつくしかない美しさ、神々しさである。
今日のような日は、この地で生きることができることを、感謝するばかりである。
単なる山の連なる景観であるのに、
なぜこんなにも精神的な”高貴さ”とか、”気高さ”とかを感じるのだろうか。
不思議である。


4月15日(月)
時々子供のころのことを非常に鮮やかに思い起こすことがある。
何かの出来事のこともあるが、大抵は子供の頃遊んだ場所や、
昔住んだ家や、学校の校舎や、学校に行くときに通り抜けた小路である。
今もそこにはっきりとあるかのように思い起こすことができる。
そこの雰囲気、漂っていた匂いや、光のかげり様など、
今そこにいるように、思い浮かべることができる。

今まだ当時の面影の残っているところがある。
実際は、行ってみると、かなり変わってしまっているのだが・・・。

なぜ、こんなにも鮮やかに思い描くことができるのだろう。
堅固に心の中に築きあげられた世界、
いつまでも色あせない世界は、
思い出の世界にもかかわらず、
時に、私から離れてしっかりと存在を誇示しているようにみえる。
もう私とは無関係に存在してしまっていると・・・。

”わたし”という存在が、通り抜けてきた、
いや、作り、置いてきた世界というべきか。
すぐにも”わたし”が、そこに入り込んで、
その頃の私を始めることができるそんな世界が、
しっかりとそこにあるのを感じる。

例えようもなく懐かしい。
しかし私が脱ぎ捨ててきた世界である。
少し淋しい、無人の荒廃の匂いがする。


4月14日(日)
母の月命日。
お寺さんがお参りに来て下さる。
日曜日で孫も一緒に手を合わせる。

天候が下り坂になるというので、午前中晴れている間にと、
天神山の桜と花モモを見に出かける。
何時ものように車で行くと、グランドでは野球をやっていたが、
それでもいつも以上の人出があり、車の誘導員までいる。
不思議に思って花の森花園まで行くと人がいっぱい。
駐車場所に困るほどである。
おそろいの赤いウインドブレーカーを着た人たちがいて、
花苗やシイタケの榾木などを売っている。
そして、この場所にしては珍しい沢山の人出である。
赤いウインドブレーカーを着た人の一人に聞いてみると、
特に何か催しというわけでもないけれど、
花の季節であるし、ここの手入れをボランティアで行っている者たちが、
集まったとのことである。
花モモは満開までもう少し、水仙が真っ盛り、シャクナゲが咲き出した。
百年桜のほか、山の各所にあるソメイヨシノは満開である。
今日は、何時もは誰もいない山の中の散歩道にまで、けっこう人が入っていた。


4月13日(土)
すばらしい晴天になる。
朝は空気が澄んで遠くがはっきり見える。
海岸からは富山湾越に白山が見えた。
桜は満開である。

午後からは孫を連れて花見に出かける。
黒部市の宮の山から黒部牧場(かつては新川牧場といった)へ。
沢山の家族連れが来ていた。
何もかもが美しく健やかで幸せな風景があふれていた。


4月12日(金)
今年度最初の授業をする。
まずは自己紹介と、イントロダクション。
今日は変則時間割で1時間だけだった。
行き帰りはまわり中満開の桜である。
あちこちに菜の花の黄色。
白と紺色の雪山の景色。
富山の春の景色である。
夢のような風景の中を走った。


4月11日(木)
今日、家の車庫にツバメが帰ってきた。
近所の家のツバメはもう3月の末に帰ってきていたが、
家には今日ようやくである。
うれしい。
いよいよにぎやかになる。


4月10日(水)
近所の人たちとのサークル、ハッピーサロンの花見会の日。
せっかく楽しみにしていたのに冷たい雨になった。
関東では雪だという。
しかし昼食とおしゃべりを楽しんでよい一日になった。


4月9日(火)
昨日は孫(男)の高校の入学式だった。
連れ添いと長女がついていったようだ。
私は家で留守番。
夜は入学祝の会食をした。
随分子供で何も知らないまま大きくなったと思っていたが、
少しずつ成長してはいるようである。
勉強嫌いを自認しているようなので、高校の勉強についていけるか心配だが・・・。


4月8日(月)



ほとけ道の入り口に立って、頭を垂れてしばし来意を告げる。
しずかにそばに寄り添うものの気配がする。
だまって、一緒に歩んでくれる。
しゃべらなくても、時間を共有できる。

木や花や梢や空の色、蝶や小鳥が突然現れてはしゃぎまわる。
この山の守衛のようなカラス、主のように悠然と空を飛ぶ鷹。
行き過ぎる石ほとけ達が、かすかに喜びや期待、愁いを送ってよこす。
長い時間の濾過を受けて、どれもみなきれいな清水のようだ。
ここを歩くとき、ここに住まう太古の精霊たちの祝福を受ける。

魂の古層からの訪ないを得る場所。
忘れてしまったふるさとを、思い起こす場所。


4月7日(日)
町内清掃の日。
近くにいても平生顔を合わせなくて、1年ぶりで見る人も多い。
みんな年取った・・・。
ここへ来たのは40年ほど前だ。
その頃はみんな若くてはつらつとしていたが・・・。
今はもう子供たちの代に変わってしまった家もある。
近所の小さい子と言えば、孫かひ孫達である。

県議会議員選挙の日でもあった。
投票所だった小学校は廃校になったので、
そのそばの公民館が投票所になった。
投票所で事務的な手続きをしてくれる人たちは若い人たちである。
自分の年齢をしっかり感じさせられる日となった。


4月6日(土)
一日晴れ。
気温も高く桜が一気に開花した。
夕方、魚津八幡社へ行って写真を写す。
桜も椿も満開であった。


4月5日(金)
あたたかい良い気候になる。
天神山を散策。
登り始めにカタクリの花を見る。
幸先の良い出会い。
シジミチョウ、タテハチョウ、モンキチョウが迎えてくれる。
何時もの道を行くとモンシロチョウも加わる。
頂上広場に入ると、たくさんのタテハチョウが絡み合いながらはしゃぎまわる。
中に黄色い蝶が混じる。
もしや、ギフ蝶ではと期待が胸をよぎる。
釘付けになって追いかけまわして写真を取れば、キアゲハであった。
いつもここへ来るとキアゲハがもてなしてくれた。
今年もまた”お迎えしますよ!”と言ってくれている。
新しいまだ出てきたばかりの姿して周りを舞ってくれた。
この季節初めてのうれしい出会いである。


4月4日(木)
「南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経」
平岡聡 著 新潮新書 807 2019年3月20日発行 を読む。

題目”南無妙法蓮華経”には、
母や祖母が入信していた立正佼成会が日蓮宗系の新興宗教であったから、
小さなころから親しんでいた。
ものを考えるようになってからは、どの宗教とも距離を置くようになったが、
いまでも毎朝仏壇に向かってとなえている。
一方南無阿弥陀仏は、父方の方から私の中へ入ってきた。
父は社会を現していたし、ここは真宗王国であり葬式に行けば必ず
”南無阿弥陀仏”に付き合わされる。
そういうわけで、社会的な生活領域が広がるにつれ、
自然に口をついて出るようになっていった。

父が死に、母が死に、今では毎月母の月命日に寺の坊さんが来て、
南無阿弥陀仏をとなえ、お経をとなえていく。
私も毎日朝の仏前で、南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経を10回ずつ唱える。

”南無”(なむ)とは、”帰依し奉る”というサンスクリット語だそうである。
南無阿弥陀仏は、阿弥陀仏(浄土教の主仏)に帰依し奉るという意味という。
インドの言葉では”ブッダム・サラナム・ガッチャーミ―”。
南無妙法蓮華経は、妙法(すばらしき法)蓮華経の説く法(のり)に帰依し奉る。
すなわち法華経のあらわす法に帰依し従うことを祈るのである。

南無阿弥陀仏は浄土教による。
法然がたどり着いた究極の信仰が選択本願念仏(一般衆生が救われるためには、
ただひたすら南無阿弥陀仏をとなえ、弥陀の本願にすがる)であった。
自己を無力の極みと認識し、ただひたすら彼岸の阿弥陀仏にすがるのである。
一方、日蓮は国家全体を正すことを救済のための重要な手立てとみなした。
南無妙法蓮華経の唱題と社会への働きかけこそが、末法の世を救うと考える。

南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経の背後に広がる歴史と、宗教家、
その特質について、対比しながら興味深く述べられていた。

浄土教や法華経の信者からみれば、きわめて不謹慎に見えるだろうけれど、
私には、片方は阿弥陀仏に帰依し奉る言葉だし、
もう一方は法に帰依する言葉であって、
優劣をつけてどちらかに与するという気にはなれない。
いままでたくさんの人々がそれぞれの生のぎりぎりの所から、
唱え祈ってきた念仏であり題目である。
南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経の背後には、
無数の人々の悩みがあり苦しみがあり問いかけがある。
南無阿弥陀仏と唱えるとき、南無妙法蓮華経と祈るとき、
空中には過去世からの人々の思いが怒涛のように満ち満ちる。
わたしは、ただ唱える。
過去世からの人々の思いに向かって、また彼らの声に和して、
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏
と、また、
南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経
南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経
と。


4月2(火)
朝起きてみればまわり中、白くなっている。
4月になったのに、雪である。
花の季節かと思っていたが、一気に季節は逆戻りだ。
今朝はゴミ出しの日で、ごみを出しに行く途中、
ツバメが来ていた家の車庫をのぞいてみたが、
どこにも姿が見えなくしんとしている。
こんなに寒くなって、しかも地面を雪が覆ってしまって、どうしているのだろう。
どこか集団で過ごす場所でもあるのだろうか。
心配になる。
早くあたたかさが戻ってくればいいのだが・・・。


4月1(月)
朝から改元のことでテレビは占領されている。
出たがり屋の首相は昼の一番いい時間をテレビ会見の時間にあてた。
これまでは中国の古典からとられていた元号は、
今回は日本の古典からとるのだという。
背後にいる日本会議などの右翼団体が喜びそうな企画である。

そして決まった元号は、
”令和”(れいわ)。
命令、県令、、令状、令嬢の令、である。
如何にも上から目線の人たちが好みそうな字である。
国からのお達しには潔く従って穏やかにしているのですよ!
と言われている気がする。
”REI”という言葉の響きもよくない。
大地震もやってくるようだし、
これからの良くない時代を予感させるような元号に思える・・・


3月31(日)
寒い一日になった。
冬型の気圧配置の時に特有な時雨模様である。
さぁと降ってくれば、突然止んで、日が照ってくる。
そんな繰り返しだ。
青空も黒い雲も白い雲もみんな一緒だ。
孫たちが帰ってきた。
また普通の日常になる。

3月が終わる。


3月30(土)
孫と連れ合いは昨日から群馬の次女の所へ遊びに行っている。
私は久しぶりの自由を楽しんでいる。
しかし今日は老人会役員の年度末の慰労会で、
入善町明日(あけび)にある慰労施設に出かけた。
晴れれば僧駒ヶ岳や負釣山(おいつるしやま)が近々と見えるはずだが、
天候が悪く近くの負釣山しか見えなかった。
9時過ぎに行くときは穏やかだった天候は、
午後の帰りのバスは激しい吹き降りの中になった。

年寄りたちの集まりに出かけて話をしていると、
最近は小さい子供同士で話しているような感覚に陥ることがある。
加わる年齢は、見栄とか体裁とかを気に掛けなくして、
ありのまま正直に話し合うようにするからなのだろうか。
思ったままを飾らないで言えるのはうれしい。


3月29(金)
年度の切り替わりの時期。
いろいろと変化があって気ぜわしい。
旧年度は総まとめの集まりがあり、
新年度に入れば、各種団体の総会などがある。
夜も昼も忙しい。
花粉症は相変わらずひどく、
くしゃみや涙かゆみで手拭いを離せない。

カラスが巣作りか、何かと騒がしい。
人間には嫌われながらも一生懸命生きている。
彼らの姿を最近はいとおしいとも思えるようになってきた。

富山のさくらは昨日開花宣言が出た。
花の季節の到来。
こちらも何時花見をしようかなど、きぜわしい。


3月27(水)
昨日来たツバメは、巣のある家のあたりを盛んに飛びかっている。
あのすばやくしっかりとした飛び方を見ていると気持ちがいい。
朝玄関前に出るとしばらく見とれてしまう。
やがて家にあそびに来るツバメたちも帰ってくれば、
電線の上でのあの楽しいさえずりも聞くことができるだろう。
楽しみである。


3月26(火)
昨日はメールでホームページ”山”の不備の指摘を受けてから、
慌てて改修にかかった。
なんとか見れるようにはなったが、中身は古いままだ。
新しい写真をこれからぼちぼち入れていきたいと思っている。

今朝は、なんとツバメを見た。
ゴミを手に抱えて出しに行くのに玄関を出たら、
何か黒いものが素早く目の隅を横切った。
何だかわからないまま、毎年ツバメがやって来て巣作りをする家の前を通りかかると、
5羽ほどが楽しそうに車庫を出入りしている姿に出会った。
ぷくぷくとして触って見たくなる感触の体して、
天井のあたり古い巣のまわりを飛びかっている。
ツバメは4月に入ってからとばっかり思っていた私は、
うれしい驚きで思わず、”お帰り!”と声をかけていた。

今年は暖かいから春が早いのだろうか。
ツバメもだが、レンギョウが真っ黄に満開になっている。
そういえば今日の天神山の散歩では、いつものタテハチョウのほかに、
夢のような青色ではばたくシジミチョウ、
真っ白に少し黄色を帯びたモンシロチョウの姿を見た。
ショウジョウバカマは真っ盛りだが、スミレの花も咲き出した。
サカキの木には枝にびっしりと小さな丸い花が咲いている。(写真)
春はすごい勢いでやって来ている。


3月25日(月)
あさ届いたメールにびっくり。
このホームページの山の部分が壊れてしまっているという。
あわてて入ろうとするが入れない。
ずっとほったらかしにしていたせいか。
これを機会に大幅に改造しなければならないか・・・。


3月24日(日)
あさ、起きてみてびっくり。
薄くだが雪が積もっている。
少し春ボケ気味の気持ちを叱られたような気分。
寒いがこれから天気は回復してくるという。

昨日の夕方、地元の魚津をテーマにした映画
”百年の蔵”を見てくる。
丁寧な作りで、現在の魚津から百年前に起こった米騒動を思いやる映画になっている。
百年前(大正7年7月23日)と現在の漁民の生活が生活者の目線で描かれ、
この地に暮らすものにとってもいろいろなことを教えられる映画であった。

当時内閣を総辞職にまで追い込んだ米騒動の発端になった魚津での実際は、
漁師のかあちゃんたちの自然で穏やかな米業者への働きかけであったということが、
くどいほどに描かれていた。
米騒動というと、ともすればすげえ形相の母ちゃんたちが髪振り乱して、
蔵に乱入するといったイメージがしがちであるが、
魚津の実際はひどく穏当なものであったという。
周囲の警官も同情的で彼女たちを支援するということもあったといわれる。
明治に作られた条例では貧窮民への米の価格についての廉売の取り決めがあり、
これも彼女たちの動きの心理的背景になっていたようだ。
生活の中で自分たちが米が食べられないのに、
米が外に運び出されるという不合理に抗議するということであって、
権力者や誰かにたてつくとかいった意識は薄かったようだ。
それが、新聞に載ったことで、県内始め、全国に報じられ、
あちこちで過激な騒動が起こるようになったということである。

これから7月まで毎月23日に、魚津埋没林館のハイビジョンホールで上映会があるそうだ。
近隣の方は是非見ていただきたい。


3月21日(木)
暑いほどの陽気。
夕方、うっとうしい思いに駆られて、車で海を見に出かけた。
漁港からは、湾の北に生地鼻灯台が見える。
富山県東部の海岸からはどこからでも見える灯台である。
白と黒の縞模様が特徴だ。
いつの間にか灯台目指して車を運転していた。
小学生の頃(60年も前)遠足に来たときは広い松林の中にあった。
今は人家がすぐ近くにまで迫ってある。
壁なども随分古びた感じになっていた。


3月20日(水)
あたたかい良い日和になった。
暖房なしでも室内の温度が20度を上回った。
午後からは猫と一緒にお昼寝気分。
のんびりと過ごす。
孫は中学の仲間と金沢に遊びに行ったようだ。
ほっと一息ついているところか。


3月19日(火)
昨日は県立高校の合格発表日。
孫は落ち着かない様子で、発表を見に汽車で出かけたが、
元気な声で合格の電話をかけてきた。
定員に満たない入試だから、
よほどのことがない限り落ちることはないのだろうが、
それでも初めての経験でうれしかったのだろう。
昨日は一日うきうきとしていた。

今日はその疲れが出たか、風邪気味で具合が悪い様子。
朝から2階の自分の部屋で寝ている。

周りの我々もようやく緊張から解放された感じだ。


あたたかくなる。
午前中は天神山を散歩する。
タテハチョウが出迎えてくれて、
絡み付くように飛び回ってくれる。
写真を撮るときは、じっとこちらをうかがっているようだ。
かわいいものだ。


3月17日(日)
朝明るくなるのがずいぶん早くなった。
5時半になるともううっすらと明るい。
富山市の日の出は、今日は6時00分(昨日は6時02分だった)。
春分ま近のこのごろは、日の出(日の入)の時間変化が激しい。

「オトコの進化論 − 男らしさの起源を求めて」
(山極寿一著 ちくま新書 2003年8月10日第1刷印刷発行)
を読んだ。
最近、男性性、女性性というものについてよく考える。
特に男性性の中にある暴力性について考えることが多い。
政治の表に立って戦争を行ってきたのは男である。
今では女性の政治家や首長も数多いが、
もめごとの中心にいるのはいつも男である。
トランプ、サウジ皇太子、ニュージーランドのテロリスト。
アフリカのテロ集団が多数の女生徒たちを拉致誘拐して性奴隷として、
売り渡したなどという事件も報じられた。
また、文明国であるはずのアメリカでも、
”ガラスの天井”といわれる不文律が、
女性の政治への参加を阻んでいるという指摘もある。
今の社会は男中心の世界である。
未開社会ほど、その度合いは大きいが、
日本もさして変わらないほど、男尊女卑の国である。
暴力性をはじめオトコの悪いところばかりが目についてしまうが、
その来歴を、猿から類人猿に至る進化の過程から解きほぐしてくれる。
そして人類の男としてどうあるべきなのか?
”父性”ということが救いのように語られていた。

ドイツのメルケル首相、マララ・ユスフザイ、マザーテレサ、
ノーベル平和賞の女性ナディア・ムラド、ニュージーランドの首相も女性だった。
有能な活躍する女性たちが多い。
彼女らは平和をもたらしてくれる調停と融和の女神たちか。


3月16日(土)
昨日は孫の中学の卒業式だった。
式には、娘と連れ添いが出た。
私は送り迎えの裏方。
卒業とはいえ、高校の合格発表はまだ(18日)なので、
神経がピリピリしている。
呑気に”卒業おめでとう”などと言えない雰囲気である。


3月13日(水)
寒くなる。
風に雪やアラレ。
このところ暖かい日が続いていただけに、寒さを身にしみて感じる。

昼は、団地の今年度最後になるサロン活動で昼食会。
15人ほどが集まる。
わいわいとお昼を食べてから今年度の反省と来年度の計画を話し合う。
今日は参加するだけだから気楽だ。

明日は、私が世話をする地区の高齢者学級がある。
午後からはその資料を印刷してくる。
今年度のまとめ、閉校式である。
一年の総まとめと来年度に向けての計画を示さなければならない。
私の任期は明日までなのだがまだ後任は決まっていない・・・。

明日は母の月命日。
明日の朝はお坊さんが来る。

また3月14日は、かつて親しくしていた2人の同僚の誕生日でもある。
私と同時に勤めていたが、二人が図らずも同じ誕生日であることがわかって、
いい時期に生まれたんだねえなどとうらやんでいたのだが、
一人は海外で事故で、一人は病気で、亡くなってしまった。
いい人ほど早く死ぬ。


3月12日(火)
午前中は穏やかな天気で、天神山の散歩をした。
頂では、アカタテハ蝶が出迎えてくれた。
写真を写すときファインダーをのぞくと、
一生懸命にこちらを見つめる目に気づく。
昆虫で違った生き物なのだけれども、
並々ならぬ好奇心で見つめられているのを感じる。
まっ正面から見ると何とも可愛らしい。
今日は暖かい日が続いているせいか、ずいぶんたくさんの個体が群れ飛んでいた。
蝶好きの私をみんなで歓迎してくれているようで、うれしい限りである。
山の神様の計らいだろうか。

この山に来ると、とにかく気持ちが限りなく自由になる。
あらゆるストレスを吸い取ってもらえる。
昨日から何となく不安な気分でふさいでいた気持ちも、
しばらく歩くうちにすっかりくつろいでいた。


3月11日(月)
東北大震災8年の日。
テレビでは朝から関連の番組が続いた。
天候は終日雨。
今日という日にふさわしい。
沢山の人たちの哀しみを思った。

今日読んだ岩波新書の
「キノコの教え」(小川眞 著 2012年4月20日第一刷発行)が、
はからずも震災直後の書であり震災についても多く書かれていた。
菌類というのは、植物でも動物でもない
真菌類という生物界の一角を形成している生物群である。
その菌類が、松の根や様々な樹木の根と共生をしているという。
菌根菌という菌類が松根を覆うようにして存在して初めて健康な松が育つという。
その菌根菌がマツタケであればマツタケが生え、松露ならば松露が生えるという。
特定の菌類ではないが、そのような菌類が共生してくれることで初めて、
松は健康に育つのだという。
松に限らず同じような関係が、土中の世界で繰り広げられていることに、
驚きを感じたし、それではじめて健康な世界が築かれるのだということに、
目を見開かれる思いがした。
生物網とか言われるが、もっと緊密なたくさんの生物の連携・共生によってはじめて、
この世界が動いているのだという事、
いのちの不思議な繋がりについて、深く考えさせられた。


3月10日(日)
戦争中、東京大空襲があった。
今日はその74年目の記念日だ。

今朝の朝日新聞にはこの空襲のために、
アメリカでは緻密な事前研究がなされていたと載っていた。
人殺しをするための綿密な事前研究か。

戦争では人殺しの許可が公(おおやけ)の国家から出される。
いまではIT技術でミサイルの標的が画面上に映し出され、
人殺しの現場を実況中継で見ることができる。

感覚の麻痺。
とんでもない虐殺の現場を目撃しているという意識の欠如である。


3月8日(金)
春らしい天気。
孫の県立高校入試が終わる。
合格発表は18日(月)。


3月7日(木)
今年度最後の読み聞かせ。
2年生に
「かみなりどん」(武田美穂作 あすなろ書房刊 2016年8月30日初版発行)
を読む。
来年度は5月から。
一年も早いものだ。
本選びから読み聞かせまで楽しい毎週の行事だった。
あっという間に終わってしまったように思える。
私も入れて6人の読み手。
その皆さんともしばらくご無沙汰になる。


3月6日(水)
おだやかな暖かい日になったが、激しいスギ花粉の飛散があった。
天神山に散歩に行ったが、山頂からは、
南風にのってあちこちのスギの木立から黄灰色の煙が立ち上るのがみえた。
20年ぶりの大量飛散といわれているスギの花粉である。
もう山に登る前から激しいクシャミの発作で持っていったタオルを、
顔から離せない状態であった。
のどの違和感、目のかゆみ、たて続けのクシャミ・・・。
今までもその予兆はあったのだが、今日は一気に最悪の花粉アレルギーの日になった。
これからの一月をずっと付き合っていかなければならない。
いつもの春の通過儀礼である。


3月5日(火)
講師最後の日。
うらうらとした早春の日差しの中、
山野辺に沿って往復70kmを行ってきた。
車窓を流れる里山の姿を眺めながらの、静かで幸せな時間である。
しかし途中で残念で胸痛む光景に出会った。

スーパー農道を使って上市を通るときに、
そばを通るのを楽しみにしている大きな栗の木がある。
四季折々まん丸い大きな木の形して、通りかかる私を迎えてくれた。
ゆったりと曲がる道路の傍らで、そばを通るとき、
”元気で行って来いよ”と、話しかけてくれているように感じていた。
今日も姿を見るのを楽しみに、通りかかって見れば、
人の背丈ほどの高さでバッサリと切られて、
見えるものは空のほか何もない状態になってしまっている。
私が上市高校に勤務していたころから、
通勤の途上になじんでいた大きな栗の木である。
もう30年以上もなじんでいた木である。
かけがえのない友人であった。

人間は不遜にも、うちの木とか、私の木とかいう。
でも自然の中に育つ木は、大きくなればなるほど、
誰かの所有物からは、離れていくのではないか。
そばを通り目をかける沢山の人の心の中に入り込み、そこで生き始める。

自然を賢しらに人の所有に分割してしまう人間の愚かしさを感じる。
大きな木はそこにあるだけで、
言葉では尽くせぬ大きなものを漂わせ示してくれる。
彼らの言葉に聞き入り彼らが示すものを受け取ることができるならば、
もっと自由におおらかに、感謝しながらこの世界の時間を、
受け取り生きることができるだろうのに・・・。


3月3日(日)
昨日は一日中いいお天気に恵まれた。
天神山の散歩では、タテハチョウを見ることができた。
飛びかう様子から複数頭いるようである。
蝶の天神山は、今年もいっぱい蝶たちの姿を見られそうだ。
梅の香りがいたるところでした。

今日は雛の節句。
天気は下り坂に向かう。
猫のツブらなどを新しくしてやろうと入った、
日曜大工のスーパーにはたくさんの人が来ていた。
春になって畑作業などに取り掛かる人たちだろう。


3月2日(土)
朝起きて外を見ると、明け染めてくる東の空に、
細い眉月と明けの明星がかかっていた。
天気予報では今日は一日中良いお天気になるそうだ。
一日をどう過ごそうかと思いを巡らす。
空き家になっている実家の仏壇にお参りをして、
家族へのラーメン作りをして、
また天神山の散歩に行こうか。

自然の中にひとりでいるのが好きだ。
一人っ子で子供の頃から一人に慣れていた。
人間嫌いなのだろうか。
そばでわいわい言われると煩わしい。
沈黙の充溢した時間というものがある。

言葉はなるべく少ないほうがいい。
最近は、権力者による言葉への侮辱行為が華々しい。
意味深く控えめで気品のあった言葉の数々が、
例えようもなく汚されてしまった。
同じ言葉を話したり書いたりする意欲が、そがれてしまう・・・。
特に、首相や官房長官にはしゃべるな! と言いたい。
これ以上日本語を汚すな!
である。


3月1日(金)
昨日は読み聞かせ。
2年生に「ちょうになったぞう」を読む。
蝶好きの私は自分が蝶になった気分で読む。
可愛らしいきれいな絵はとてもいい。

今日は卒業式で講師はお休み。
もう3月になった。
天候もよくなってくるので、
少し早い春を楽しみに外へ出たい。


2月27日(水)
昨日あった試験の採点に明け暮れる。
次回3月5日(火)が今学期最後の講師業になりそうだが、
その時に答案を返すためと、学年通しての成績を出すために、
一日かかりきりになったが、まだもう少しかかりそうだ。
一人一人生徒の顔を思い浮かべながらの作業である。
できればみんなにいい点をつけてやりたいのだけれど・・・、
そういうわけにもいかず、
試験結果をもとに評価というものをしなければならない。

あくまで、ペーパーテスト。
覚えることを課した課題に答えてくれたかどうかを、
確認した結果である。
人そのものの価値に対する評価ではない・・・
そのことを割り切って行う作業である。


2月25日(月)
今はなくなってしまって、無いけれど、
心の中に、築きあげられた世界がしっかりとあって、
いつも心が帰っていく故郷になっている・・・
ということがあるのではないか。
最近は特に強くそう思えるようになってきた。

夢の中でそこに帰るとき、あるいは、ふとした瞬間にその世界を思い浮かべるとき、
例えようもないなつかしさに襲われる。
見失っていた故郷に出会ったような瞬間というのか、
前世に住んでいた場所を思い出したような感覚というのか、
懐かしさと哀しいとさえ形容できるような胸のふるえを覚える。
最近はそんなことがよくある。

通勤の途中でふと見上げた山と雲の姿に異様に胸が高鳴ったり、
通り過ぎた緑の木立に、遠い懐かしい子供の頃の胸騒ぎが蘇ったり・・・
こころのデジャビュ(既視感)。
時間と時代を乗り越えて、はるかな果てに残してきたものに、
再びめぐりあっている・・・。

単なる老化現象の始まりなのだろうか。
かもしれないが、それはまた新しい世界への、扉であるのかもしれない。
心に強く強く訴えかけてくるもの、
それは単なる蒙昧であるはずはない。


2月24日(日)
昨夜は町内の新年会。
しこたま飲んで話した。

今日は朝からすばらしいお天気。
あたたかくて今が2月であるということを忘れてしまう。
天神山へ散策に行く。
山頂では、タテハチョウが出迎えてくれた。
この季節としては、意外でうれしい出来事だった。
山の神様のお使いか。
今年もまたたくさんの蝶たちと出会えそうだ。
タテハチョウはどこかで越冬中だったのだろうか。
写真のようにきれいな羽をしていた。


2月23日(土)
午後から天気回復。

このところ土曜日は、午前中は空き家になっている実家の様子を見て、
仏壇にお参りをしてから、チャアシュウ、シナチク、ネギ、がセットになった、
生ラーメンセットを買ってきて作るのが、私の仕事になっている。
けっこう本格的な味がして、変なラーメン屋に入るよりおいしい。

途中図書館で来週の木曜日に読み聞かせで読む絵本を選んで借りてきた。
絵本「ちょうになったぞう」
(作・絵 佐々木マキ フレーベル館2009年5月初版第一刷り発行)


2月22日(金)
昨日は忙しい一日だった。

朝は読み聞かせ。
1年生に
絵本「タンゲくん」(片山健 作・絵 福音館書店 1992年10月20日発行)
を読む。
左目がつぶれたデブの雄猫の話。
迫力のある雄猫の顔が大変いい。
女の子との間の出来事が、
猫のこととしてはあるあるという感じでえがかれている。

午後からは高齢者学級。
準備から片付けまで3時間ほど。

今日はにゃんこの日。


2月20日(水)
寒くはないが、暗い雨と曇天の日。
気の自然に滅入ってくるような一日。


2月19日(火)
午後から講師の日。
3学期の授業は今日まで。
次回からは学年末考査になる。
採点して考査結果を出せばそれで今年度はおしまいになる。

高齢になると次年度に講師話が来るか疑問になってくる。
先日は昨年約束していた今秋の講師話が高齢を理由に断られた。
身体・頭脳ともにまだまだ若いものに負けないと自負しているのだが・・・、
書類上でダメが出たようだ。
年齢による不条理もあるのだと少し悲しくなった。

昨日までの好天は、今日は崩れて雨風の日に。
この季節は何となく宙ぶらりんの季節。
光はあふれんばかりになっているが、
景色はまだ枯れ果てたまま・・・。
少し深呼吸してこれからの目まぐるしい季節変化に備えろよと、
言われているのかもしれない。


2月18日(月)
昨日は良い天気になったので、昼食をとってから、天神山へ出かけた。
風が寒かったが日差しの中は気持ちがいい。
ふもとの花園には梅が咲いており、かすかにいい香りがする。
梅花の匂いだろう。
北向きの斜面にはまだ雪がある。
10cm程の積雪に踏み跡がついているが、
場所によっては、踏み跡のないところもある。
日曜日だが人の気配はなく、静かな散策になった。

玄関には南天の木がある。
まだいっぱいの赤い実をつけている。
雉の夫婦がごそごそとたべに来ていたり、
ヒヨドリが引き絞るような声をたてて来ていたりする。
雪の多い年にはすぐになくなってしまうだが、
今年は雪が少なかったせいか、
鳥たちの食べ物があちこちに現われているからか、
食べにくる鳥は少なくて、まだ残っているようだ。


2月15日(金)
朝は日が早く明けるようになってきた。
夕は遅くまで明るくなってきた。
日ごと朝は早くなり、夕は遅くなる。
光はもう春を先取り。
気持ちは春になっているが、気温はまだまだ冬だと言ってきかない。
今朝は薄雲の向こうに明けの明星と木星が認められたが、
すごく寒かった。


2月14日(木)
雪が降っている。
そこそこ積もるけれども、陽が出るとたちまち消えてしまう。
2月の雪である。

読み聞かせの日。
「ねこのそら」きくちちき 作・絵 
講談社 2015年4月20日 第1刷発行
を、1年生に読む。
大きな木と子猫の絵本で、墨の筆のタッチが生気にあふれて、
色彩が単純だけれどもみずみずしい。
一目見て気に入って借りてきた。
普通に読めば4、5分で読み終える内容だが、
ゆっくりと6,7分かけて読んだ。

今日は母の月命日で、
午前中、お坊さんが来てお経をあげてくれた。

午後からは、雄山高校で物理の研究授業の参観がある。
けっこう暇なしである。


2月12日(火)
最近、雉がわが家の庭によく現われる。
オスもメスも現われるが、写真は昨日現われた雄である。
雪解け後の雑草の実をついばんでいる。
一定のリズムで首を上げ下げしながら、ゆっくりと横切っていく。
オスもメスもふっくらとして、いかにもおいしそうである。
きっと鶏なんかよりもずっとおいしいに違いない。
特に、雉肉にひたした雉酒はおいしいと聞く。
一度味わってみたいものだが。
などと不埒なことを考えている。


2月11日(月)
人は 人の表情には 敏感なようだ。
”目は口ほどに物を言う”という言葉があるが、
言葉をしゃべらない時の口の表情をはじめ、頬、鼻、眉、額・・・
そして何よりも雄弁に感情をあらわにするのは”目”である。
沈黙のかすかな気配の中に他者の心の状態を機敏に読み取る。
隠そうとしても隠しきれない感情、情動の動きが現われてしまい、
しっかりと相手に読み取られてしまう。
人間は社会的なつながりによって、生きている。
他者とのつながりこそが、人のよって立つところである。
発せられる”言葉”は、それこそ最後通告のようなものだ。
言葉に至りつくまでの様々なこころの推移は、
顔や体の姿態の表情のどこかに顕れてくる。
人はそれをいち早く読み取ろうとする。
好きな人と一緒の時の相手の表情のなんとまぶしく見える事か。
逃げ出したいほどに近寄りがたい無限の味わいの表情に満ちている。
生きている他者との触れ合いは、そのように豊かで味わい深いものなのだ。
だから生きている他者との触れ合いには、
なかなかに神経を使うし疲れるのである。

しかし石に彫り付けられた表情は、
恥じらいもしないしそんな敏感な生者の神経など持ち合わせないから、
遠慮なくじっと見つめることができる。
近づいたり遠ざかったり、右からみたり左からみたり、
斜め上から見下したり、下から見上げたり、はたまた背後に回ったり・・・。
そのたびに、微妙に表情が変わる。
優しく見えたり、甘えん坊になったり、怖くなったり、冷たくなったり・・・。
かつてその像を作った者もまた繰り返し繰り返し前から左右からとながめ、
吟味しながら、鑿を入れていったに違いない。
だから、石仏たちの表情は、時間の中に抱き留められしっかりと固定される。
そして、どうしても入ってくる人間の賢しらな非自然の作為は、
長い時間の風雨に削り取られ、やわらげられて、周囲の樹木や風に一体化する。
この日ごろ、石ほとけの顔をじっくりと見歩いている。
ほんのかすかに角度を変えると、
微笑みが顕れたり、哀しみが顕れたりする。
遠慮なく見つめ続ける私の視線をあびて、なお、
静かにそれを受け止めながら、
穏やかな安らいの想いを送り返してくれる。


2月10日(日)
朝までに15cm程も積もったろうか。
暖かかった冬が挽回するために頑張っている。

暖かくした部屋で雪が降るのを眺めるのは、なんとも豪華な時間だ。
静けさと、雪の白さと、雪降る動きのひたむきさと・・・。
そのむこうにかすかに青空の色合いが感じられる時、
想いは無限の彼方に広がっていく。
誰にも邪魔されないで自由に心をはばたかせられること、
何物にも代えがたい時間である。


2月9日(土)
昨日からまた雪が降り始めた。
あまりたくさん降らないので助かっているが。
ニュースを見ていると、
東京では降雪の予報が出ていて大騒ぎをしている。

先日、大町小学校(一昨年廃校)へ行った。
本体は大きく変わっているが、周辺部は昔の面影をとどめている。
60年前の姿を偲びながら周囲を一回りしてきた。
すごく変わったところもあるし、あまり変わっていないところもあって、
子供時代の思い出に浸っていた。
元気な青年・壮年期のことはあまり思い出さないが、
子供の頃の思い出は非常に鮮やかに思い出す。
小さな路地や庭の一角の思い出が、しっかりと残っていて蘇ってくる。

視覚に入った情景、たとえば見上げた空の白い雲の姿から、
一気に子供時代に見上げた空の雲へとつながっていく。
そして、異様な胸騒ぎを覚えながら、思い出を反芻する。


2月7日(木)
読み聞かせの日。
せなけいこさんの”おばけとどろぼう”を読む。
この人の絵がいい。
この人の絵本には、うさぎや動物たち、おばけやおばあさんが出てくるが、
どれもほのぼのとしていて、しかもさっぱりっとした味わいがあり好きだ。

洗濯機が壊れてしまったので買いに行く。
機能豊富な機種は高価で40万円ほどもするが、
高齢者で小人数のわが家には必要がない。
昔からの単純なもので一桁安いものを買う。
明日の午後に持ってきてくれるという。

今日は孫が私立の高校受験に行った。
かなり緊張していのがうかがわれたが、
一人っ子のように経験不足で育っている孫には、
いい経験になっただろう。
県立の受験はまだひと月もあとだ。


2月6日(水)
この時期としては異様な暖かさが続いている。
何か天変地変が起こるのではないかと不安になってくる。

異様といえば、国の中枢が手の付けられないほどの堕落状態になっているのが報じられる。
嘘と私物化で何が本当なのか、何を信じていいのか皆目わからない。
首相や財務大臣の顔は見ていると吐き気がしてくる。
正直で真面目なものが馬鹿を見る。
黒を白と言いくるめるような嘘が大手を振って歩きまわる。
このような指導者を持っている国は、早晩滅びてしまうのではないか。
そんな不安が胸をよぎる。


2月5日(火)
昨日、立春になるや否や早暁にはもう春一番が吹いたようだ。
春は駆け足でやってくる。
もう2月で隣の柿の実は食べつくされた。
何時もの年ならうちの南天の実もなくなっているころだが、
今年は雪が少なくて食べ物がたくさん見つかるせいか、
まだ赤い実がたくさん残っている。

きのうは魚津の駅前に猿が現われて大活躍したことが、
全国放送でニュースになっていた。
このあたりにはしょっちゅう出没しているが、
駅前になるとさすがに珍しいのだろう。
元気な若雄だったようだが、
ついには麻酔銃で眠らされて御用になったようだ。
山にはなされたという。


2月3日(日)
節分。
いい天気が続く。
おまけに今日は暖かい。
今年は本格的な冬知らずの年になった。
年寄りにはありがたい。


1月30日(水)
一日晴れ。
おだやかなすばらしい天候に恵まれた。
午前中は富山で私立通信高校の講師。
午後からは、久しぶりに天神山へ行く。
車のわだちがずっとついていてそれをたどる。
何時ものコースだが、雪道で結構疲れた。
誰もいない道。
静かで心のリフレッシュのためにすばらしい時間になった。

寒の時期、こんなに素晴らしい日を準備してくれたことにたいして、
天の神様には、感謝、感謝である。


1月28日(月)
昨日は地区の新年会。
昼のさなかにたっぷり飲んでしまって、
午後からは無為に過ごすことに・・・。
しかしたくさんの人と話すことができて、
その点は収穫大か。


1月25日(金)
朝は寒かったが、昼は陽ざしがあり、
この時期にはありがたい穏やかな時間になった。
講師の日で授業が終わって帰りには、素晴らしい山の景観が広がっていた。
少し道草をして撮ったものが今日の冒頭の写真である。

昨日からは、読み聞かせが始まった。
小学校2年生に、
「かぜのかみとこども」山中恒・文 瀬川康男・絵 
フレーベル館2012年11月新版第1刷発行 1978年12月初版第1刷発行
を読む。
読み聞かせの時間は、子供たちのためではあるが、
まずなによりも、自分自身の楽しみのためである。
素敵な絵と物語の世界にあそべるのが、いい。


1月22日(火)
今週は講師業で忙しい。
昨日は富山で私立の通信教育校のスクーリング。
今日は県立の農業高校の授業。
明日も富山で私立の通信教育校のスクーリングである。
理科は理科でも、社会科的な地学や生物、科学と人間生活といった科目で、
何か物足りない。
物理は難しいからか、需要がないらしく、めったに声がかからない。
センター試験程度の数学や物理なら難なく教えられる自信はあるけれど、
残念ながら、お呼びがかからないのである。


1月19日(土)
穏やかないいお天気になった。
午後久しぶりに天神山を散策。
石ほとけの写真をたくさん撮らせてもらった。
石ほとけは表情がいい。
いつまでもじっと見ていても飽きない。


1月16日(水)
一日雪が降る。
あまり積もらない水雪だ。
今日は港へ行ったり買い物をしたりして、
ぼんやりと過ごしてしまった。

連れ添いのパソコンの復旧は、
預けた業者の不手際もあって、
手間取っている。


1月15日(火)
理科講師の日。
やはりたくさんの生徒相手の授業は疲れる。
最初の教室では欠席者が多い。
正月明けでもあり、連休もあり、風邪が流行っていることもあって・・・
理由はたくさんありそう。
眠れるものたちを揺り起こすのは、アクションだとばかり、
持っていった道具で派手に火をつけたり金属を溶かしたり・・・。
まあ、静かな教室の中で先生が一人悦に入って騒いでいたようだ。

きょうからは、荒天が来そうだ。
どうなるやら。
まだまだ冬だから・・・。
穏やかに過ぎればいいのだが。


1月14日(月)
昨夜はサッカー観戦。
1−0の辛勝だった。
今朝は眠い。

成人の日。

母の月命日。
お寺さんにお経をあげていただく。

連れ添いのノートパソコンが、
”Kalidasa(カーリダーサ)”(古代インドの詩人)を名乗るコンピューターウィルスに
乗っ取られて動かなくなってしまった。
午後からはこのノートパソコンを抱えてヤマダ電機へ。
金1万なにがしかを払って初期化してもらうことに。
パソコンは何日かしたら電気店から帰ってくるが、
そこからは私が設定をしなければならない・・・。

夕方は明日の授業に向けてそれに使う演示実験の材料の購入に。
貧乏暇なしか。

今日は一日おだやかな日になった。
この時期にこんな一日は本当にありがたい。


1月13日(日)
今朝は、とてもいい夢を見て目が覚めた。
季節は初夏の頃かどこかの庭の中、
花がいっぱい咲いている。
そこに大きな蝶が飛んでいる。
見たこともないきれいな模様の蝶だ。
はばたく羽のすぐそばで見ている。
手に取ろうとすると手の中にあるのは、きれいな小鳥だ。
可愛らしいしぐさでじっと撫でられている。
とても幸せな気持ちで明るい庭の中をあちこち歩きまわる・・・。

目が覚めても幸せな気分はそのままだった。
一日うれしい気持ちで過ごすことができた。
天国の庭に迷い込んだのだろうか?
きっとそうに違いない。


1月12日(土)
寒さはこれからだが、光は確実に戻ってくる。
昨日より今日の日の出は1分早くなった・・・と、
寒さの中で明るい日々を待ち望むのは、毎年のことだ。
日の入りは12月初旬に一番早くなり、その後は次第に遅くなって、
夕方は明るくなるのだが、朝の日の出は1月7日ごろが一番遅くなる。
しかしこれからは1日に30秒、1分と次第に早くなり、
朝はだんだんと明るくなってくる。
寒さの中でのせめてもの楽しみである。


1月10日(木)
昨夜は、サッカーのトルクメニスタン戦を観戦して、
勝利に気をよくして床に就いた。
しかし夜は寒かった。眠りの途中しばしば目が覚めた。
寝相のいいほうだから、布団をはねのけたりして、寒さで目が覚める。
5時半に起きて外を見ると、明けの明星(金星)が明るく輝いている。
そしてすぐ下にも明るい星がある。木星である。
よく晴れた夜で、放射冷却で寒くなったらしい。

今年、雪は小刻みに降って、家の周りから無くなることはない。
寒さの影響は足の先に現れる。
ひび割れがひどくなって、歩くと痛む。
厚めのくつ下を履いているのだが、
今年も歩くのがしんどくなってきた。


1月8日(火)
3学期初めの授業をやってきました。
今日は一時間だけの授業。
しかし久しぶりなので、声が枯れてしまって、
大きな声が出せませんでした。
楽をして過ごした一か月のお正月休みの結果です。
次回からは授業前に発声練習をしてから臨まなければならないようです。
情けない・・・。


1月7日(月)
今日で冬休みもお終い。
明日からは、孫(中学3年生)もわたしも3学期が始まる。
切ない時間が流れる。
お昼は竹酔堂へお好み焼きを食べに行く。
ここは店の場所は変わったけれど、
私が子供の頃からのお好み焼き屋さん。
経営者も同じだ。
うちでは、乙姫様と呼んでいる美人のおかみさんが、
ずっと店に出て世話をしてくれる。
高校生にも人気のお店だ。
お好み焼きと焼きそばとデザートを食べて満足してから、
魚津港へ行った。
穏やかな天候で、朝は見えなかった僧ヶ岳の頂上も姿を現していた。


1月6日(日)
無為の時間に向き合うと不安が頭を持ち上げてくる。
一人っ子として育ったから、一人には慣れているはずなのに、
とてつもない淋しさに襲われる。
よくなついた猫が一匹いてくれるから、
膝に抱いて、彼女の暖かさになんとか慰められる。

北陸の冬は心によくない。
空は雪雲の灰色で覆いつくされ、
地は雪が覆って地上のあらゆる色彩を奪ってしまう。
狭い部屋に閉じ込められて、外を見ても、
庭も空も灰色のモノトーンである。
聞こえてくる音さえも、
カラスの寒々とした鳴き声である。


1月4日(金)
すばらしい天候になった。
真冬にこのような好日があるのはうれしいかぎり。
空気は冷たいから澄んでいて、山の姿がくっきりと見える。

午前中は天神山に行って、雪道の散策を楽しんだ。
雪の中にすっぽりとうずまって、石の仏たちがたたずむ。
光と影が美しい。
雪道にはたくさんの踏み跡がある。
雪が降ってひっそりとしていても、
散策に訪れる人は結構あるらしい。

午後からは港に行って写真を写してきた。


2019年 1月3日(木)
あけましておめでとうございます。
新潟の娘夫婦が孫を連れて来て、にぎやかなお正月になりました。
昨日はみんなで富山の街に出てご飯を食べてきました。

2018年 12月31日(月) いよいよ 2018年(平成30年)も極まりました。 一年ごと過ぎていくのが早くなっていく気がします。 イタズラに年齢を重ねるだけで、心はいつまでも幼いままでいるのですが、 洗面所の鏡にはしわくちゃの爺さんが映ります。 ど忘れの程度がだんだんひどくなってきています。 でも、新しい事柄にも興味がわき、知識を得ることに意欲十分ですから、 教員としての仕事にもまだしばらく耐えることができそうです。 ときどきはしんどいなぁと感じる事もあるのですが・・・。 さいわい体はどこにも異常は見られず、五体満足です。 新しい年がすぐに始まりますが、まずは順調に滑り出すことができそうです。 理科の教師をしていますが、科学的世界観にはやはり飽き足らなさを感じつつ 最近はしょっちゅう念仏や題目を唱えて、神や仏の姿を思い描くようになっています。 「ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼうぢそはか」 赤子の泣き声のように真言を唱えたり、   阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)  などと意味もなくつぶやいてみたりしています。 身近な山河の中で、目では見えない神仏や精霊たちと一緒に過ごすことができれば、 どんなにいいだろうと、この頃は強く思い描いています。 皆さん、この年をありがとうございました。





過去のおしゃべりあれこれ



2018年(2018.1.1-2018.12.31)
2017年(2017.1.1-2017.12.31)
2016年(2016.1.1-2016.12.31)
2015年(2015.1.1-2015.12.31)
2014年(2014.1.1-2014.12.31)
2013年(2013.1.1-2013.12.31)
2012年(2012.1.1-2012.12.31)
2011年(2011.1.1-2011.12.31)


 元へ戻る